シミが消える?効果のある美白化粧品を選ぶ3つのポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

効果のある美白化粧品っていったい・・・・

美白化粧品をなんとなく・・・で選んでいては効果はでません!

 

ドラッグストアや百貨店、コンビニ、通販など本当にたくさんの化粧品があってどれがいいのか迷っちゃいますよね

 

そこで、しっかりと効果を出すための美白化粧品の選び方をまとめたので参考にしてください。

 

 

美白化粧品を選ぶ3つのポイント

 

  1. 美白成分が配合されていること
  2. 浸透力があること
  3. 医薬部外品であること

 

それでは1つずつ見て行きましょう!

 

美白成分がしっかり配合されていること

 

美白化粧品で一番大事なことが美白成分がしっかり入っているかどうかです。
ホワイトニグや美白と書いてあっても成分を見たら入っていないものもあるので注意が必要です!

 

美白成分で代表的なものは
ハイドロキノン アルブチン ビタミンC誘導体 プラセンタエキス ルシノールなどがあげられます。

 

女王がおすすめするのはハイドロキノンです。
お肌の漂白剤とも言われていてかなり効果が期待できます。

 

ただ、刺激が強いのでトライアルなどでテストしてから使うのがいいですよ。
敏感肌の方は、アルブチンやビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶといいですよ。

 

 

浸透力があること

 

美白成分が配合されていてもお肌の奥まで届けてくれないと美白効果は半減してしまいます。
最近の化粧品はナノ化などの浸透技術が発達してきていて浸透力が高いものが多いです。
しかし、浸透力がまったくないものがあるのも事実。

 

化粧品は決して安くないものですが、全く効果のないものにお金を払っているとしたら怖いですよね。

 

浸透力を見極めるのは難しいですが、女王の経験則としては安いコスメは浸透しないものが多いです。

 

 

医薬部外品であること

 

美白化粧品ってたくさんあってどれを選んでいいかわからない!
成分とか浸透力とか難しい!

 

という方は「医薬部外品」を選ぶようにしてください
「薬用」とか「医薬部外品」と表記されているのでこれだけは覚えておいてくださいね。

 

医薬部外品というのは厚生労働省が認めた成分が配合されているものです。
医薬品と化粧品の中間に位置するものなので、化粧品によりも効果があるのは間違いありません。

 

 

 

女王が使ってよかった美白化粧品Best3

アンプルール

シミが消える?効果のある美白化粧品を選ぶ3つのポイントとは?

新安定型ハイドロキノンだから安心!

 

「いつの間にシミが!?」鏡を見たときに薄いシミに気がついたらアンプルール! シミの初期段階なら化粧品でも十分に効果ありですよ。 シミの漂白剤と言われているハイドロキノン配合です。 メディアでも有名の高瀬聡子さんが開発して、多くの女性誌でも紹介されてリピーターもたくさん!


価格 成分 医薬部外品
6,500円→1,890円

ハイドロキノン
アルブチン
ビタミンC誘導体

ディセンシア サエル

シミが消える?効果のある美白化粧品を選ぶ3つのポイントとは?

低刺激なのに効果を実感!

 

敏感肌専門の美白化粧品です。 肌のバリア機能を強化しながらしっかりと美白サポート!
安心して美白ケアをしていきたい方におすすめです。


価格 配合成分 医薬部外品
1,480

ビタミンC誘導体
コウキエキス
ムラサキシキブエキス
グリチルリチン酸2K
アルニカエキスK

ビーグレン

シミが消える?効果のある美白化粧品を選ぶ3つのポイントとは?

特許し取得の浸透技術でグングン浸透!

 

ハイドロキノン配合のドクターズコスメ。ちょっと独特のニオイがして刺激も強めですが、できてしまったシミをケアしたい方は試してみてもいいかも。


価格 特徴 医薬部外品
1,944

ハイドロキノン
アルブチン
ビタミンC




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら