日焼け止めランキング!失敗しない選び方

日焼け止めを選ぶ際のポイント

日焼け止めを選ぶ際に、SPFとかPAとか、なんだかよくわからない記号のようなものがあると混乱してしまいますね。
ここではSPFとPAについてお話しましょう。

 

SPFとは、サンプロテクションファクターの略で、紫外線の1つであるUVBの防止効果の程度を表します。
最大値は50で、数値が高ければ高いほど、UVBを防止する働きが強いのです。

 

またPAは、プロテクションオブUVAの略で、もう1つの紫外線であるUVAの防止効果の程度を表します。
PAの場合には、数値ではなくて+表示がされています。

 

+の数がたくさんあれば、防止効果も高いことになります。
ですが、効果が高いものほど、肌に悪影響を与えるかもしれませんから、使う場所によってタイプを変えるのがおすすめです。

 

日焼け止めの効果的な使い方

最近の日焼け止めは、使い心地もよく、紫外線防止効果も高くなってきていますね。
ですが、ちゃんとした使い方をしていないと、せっかくの日焼け止めも効果が半減してしまいます。

 

ふだんの生活では、メイクの下地として日焼け止めを使いましょう。
ミルクタイプやジェルタイプ、スプレータイプの日焼け止めはスキンケアのあとに使うと効果的です。

 

パウダータイプの日焼け止めは、メイクの上から使うのがおすすめ。
日焼け止めを塗るときは、できるだけしっかり塗ることを意識してくださいね。

 

塗りムラがあると、せっかくの効果が台無しです。
またメイク後の塗りなおしは、パウダータイプの日焼け止めが使いやすいですよ。

 

シーンによって使い分けることが、日焼け止めの効果的な使い方といえますね。



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら



日焼け止めランキング!失敗しない選び方記事一覧

日焼け止めにはケミカルフリーと記載された商品があります。このところ美容業界でおすすめ商品として紹介されているのは「ケミカルフリー」の商品です。ケミカルフリーとは「紫外線吸収剤」を使っていない商品です。この紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し熱エネルギーに変えてしまう化学反応を起こす成分です。紫外線を吸収するという特性を生かして肌に紫外線を集め...
詳細を見る
日焼け止めのパッケージに記載されている「ノンケミカル」「ケミカルフリー」という言葉を目にされたことがありますか?このノンケミカルという言葉、紫外線吸収剤と呼ばれる化学合成された成分が含まれていませんという説明に当たります。紫外線吸収剤とは紫外線を化学成分が吸収し熱エネルギーに変換するという仕組みによって肌から紫外線の害を守る働きをしていま...
詳細を見る
日焼け止めを使うと肌が赤くただれてしまうなどと皮膚トラブルを経験された方は意外と多いようです。敏感肌だから日焼け止めが使えないと悩んでいる方も少なくないようですね。ここでおすすめしたいのが敏感肌でも使える低刺激の日焼け止めです。このような都合がよい商品って有るのかな?と半信半疑になっている方も多いようですが、ケミカルフリーと謳っている商品...
詳細を見る
顔に塗ると白浮きしてしまう日焼け止め。中には日焼け止めを塗ったがために光アレルギーを発症してしまう方もいるようです。このような情報が錯綜してしまえば、「日焼け止めはお肌に悪い」というイメージが独り歩きしてしまうのも想定の範囲内でしょう。でも、日焼け止めを塗らない肌の方がもっとお肌に悪影響を及ぼすことはあらゆるところで指摘されています。肌に...
詳細を見る
この数年でノンケミカルの日焼け止めに関する情報が増えてきました。シミやそばかすの予防というようなおしゃれを気にする方だけではなく、皮膚がん予防のためにノンケミカルの日焼け止めを手にされる方も増えています。話題に上るノンケミカルの日焼け止めの中でも、無添加のもの、オーガニック素材で作られた日焼け止めは特に人気です。無添加の定義は定かではあり...
詳細を見る
最近話題となっているのが紫外線吸収剤です。紫外線吸収剤は日焼け止めクリームに配合されていて、その日焼けクリームを使うと、塗った部分のクリームが紫外線を吸収させる働きがあります。つまり、肌に紫外線が浸透するのを防ぐ役割があるのです。紫外線吸収剤は、紫外線をいったん吸収すると、それを熱エネルギーに変える働きがあります。「メトキシケイヒ酸オクチ...
詳細を見る