日焼け止めのノンケミカルとはどういう意味?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日焼け止めのノンケミカルとはどういう意味?

日焼け止めのパッケージに記載されている「ノンケミカル」「ケミカルフリー」という言葉を目にされたことがありますか?このノンケミカルという言葉、紫外線吸収剤と呼ばれる化学合成された成分が含まれていませんという説明に当たります。

 

紫外線吸収剤とは紫外線を化学成分が吸収し熱エネルギーに変換するという仕組みによって肌から紫外線の害を守る働きをしています。

 

 

 

ですが不安定な化学物質が一旦変性してしまうことで紫外線を熱エネルギーに変換できなくなってしまったり、化学物質が肌荒れの原因になってしまうことも否めません。

 

またちょっとの量でも厚塗りになってしまい肌が白浮きしてしまう等のデメリットもあります。

 

その点ノンケミカルの日焼け止めには化学成分が含まれていませんので、敏感肌の方やアトピー肌の方などでも安心して使っていただけます。

 

 

 

ノンケミカルの日焼け止め成分ってどういったものが含まれているのか教えてほしいという質問も寄せられています。

 

この場合の日焼け止め成分には「酸化チタン」「酸化亜鉛」等のミネラル成分が主体となっています。

 

この二つの成分、ミネラルファンデーションや洗顔料、口紅などにも含まれている成分で、これまでの化粧品には広く使われてきた成分です。

 

自然由来の成分ですので肌に優しく安心して使うことができます。

 

紫外線吸収剤が含まれた日焼け止めと違って、効果は若干劣るのがデメリットですが、日焼け止め効果がある下地+ミネラルファンデーション等の合わせ技で紫外線ブロックは完ぺきに行うことができます。

 

こまめに付け直しすることも大切ですね。



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら