日焼け止めってお肌に悪いの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日焼け止めってお肌に悪いの?

顔に塗ると白浮きしてしまう日焼け止め。

 

中には日焼け止めを塗ったがために光アレルギーを発症してしまう方もいるようです。

 

このような情報が錯綜してしまえば、「日焼け止めはお肌に悪い」というイメージが独り歩きしてしまうのも想定の範囲内でしょう。

 

でも、日焼け止めを塗らない肌の方がもっとお肌に悪影響を及ぼすことはあらゆるところで指摘されています。

 

 

 

肌に悪いとされる日焼け止めは「紫外線吸収剤」が含まれているものです。

 

日焼け止め効果は抜群なのですが、紫外線吸収剤は変性しやすく紫外線防止効果が薄れてしまうことも懸念されます。

 

また状態を安定させるために酸化防止剤や防腐剤等のケミカル分を配合しているので肌によくない影響をもたらすと考えられているのです。

 

紫外線吸収剤の他防腐剤等のケミカル分を含まない日焼け止めももちろん存在しています。

 

酸化チタンや酸化亜鉛に代表される「紫外線反射剤」という成分です。

 

酸化チタン等は自然由来のミネラル分で、ナチュラルコスメの材料としても使われています。

 

 

 

今流行しているミネラルファンデーションの材料にも使われており、肌に優しい、肌の調子を整える成分とも言われています。

 

このケミカルフリーの日焼け止めは酸化防止剤なども一切含まれていませんので、肌に優しい日焼け止めと言えるでしょう。

 

敏感肌・アトピー肌の方の日焼け対策にも有効で、敏感肌用化粧品のブランドからもこのようなケミカルフリーの商品が販売されているのでチェックされるとよいでしょう。

 

またお肌に優しい日焼け止めをこまめに付け直すことで日焼け止め効果を持続できるのです。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら