紫外線吸収剤とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線吸収剤とは?

最近話題となっているのが紫外線吸収剤です。
紫外線吸収剤は日焼け止めクリームに配合されていて、その日焼けクリームを使うと、塗った部分のクリームが紫外線を吸収させる働きがあります。
つまり、肌に紫外線が浸透するのを防ぐ役割があるのです。
紫外線吸収剤は、紫外線をいったん吸収すると、それを熱エネルギーに変える働きがあります。
「メトキシケイヒ酸オクチル」や「オキシベンゾン」「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」などが代表的ですから、紫外線吸収剤を配合している日焼け止めを探すときには参考にするといいですね。
ただし、紫外線吸収剤は、肌にあまり良い影響を与えませんから、おすすめはしませんよ。

 

紫外線吸収剤の危険性について

紫外線吸収剤は、発がん性や毒性があるので、日焼け止めに配合される量が規制されています。
もちろん、その配合量を守っていれば、危険ということはありませんが、肌の弱い人は肌荒れを起こすことがあります。
しかも、紫外線吸収剤は1品目の添加量は決められていますが、品目が加算されることの制限はありません。
ですから、日焼け止めクリームなどで紫外線吸収剤がいくつも使われているものについては、肌を傷つけてしまう可能性も高いのです。
シミやしわを予防するために紫外線吸収剤配合の日焼け止めクリームを使っていたら、実際にはシミやしわの原因になっていたなんてことも考えられますから、注意しなければなりませんね。
また、紫外線吸収剤は、肌に残っていると蓄積されてしまうので、その都度しっかりと落とすことが大切です。
これらのことから、紫外線吸収剤はあまり使わないほうがいいかもしれませんね。



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら