肝斑に効く美白化粧品ランキング

肝斑に効く化粧品は?

突然ですが、そのシミは本当に肝斑ですか?

 

肝斑とシミの違いはなかなか見分けがつきにくく独自の判断をするのはほぼ不可能です。

 

でも、病院に行く暇もないし・・・。なんとなく行きたくないし・・・。

 

そんな方は、シミにも肝斑にも効果のある化粧品を使うのをおすすめします。

 

 

 

シミや肝斑におすすめの美白成分は「ハイドロキノン」です!

 

海外セレブも愛用している成分で、お肌の漂白剤とも言われるほど効果が高いんです。

 

 

でも、あまり効果が高いとちょっと怖いですよね。

 

ご安心ください。

 

 

私が愛用している、美白化粧品はハイドロキノンを安定化させているので、安心して使えますよ!

 

 

 

 

肝斑に効果的な美白化粧品ランキング

 

肝斑は女性ホルモンの関係でできるシミで、妊娠中やピル服用中、更年期の人に多いです。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品と、トラネキサム酸などの飲み薬と併用するとより効果がありますよ。

 

そんな中で、私が使ってみて効果があった一押しの美白コスメを3つ紹介します。

 

 

 

アンプルール

ハイドロキノンを安定化した「新安定型ハイドロキノン」配合です。

 

敏感肌や妊娠中などでハイドロキノン化粧品が使えないという方はアンプルールがおすすめです。

 

ハイドロキノン配合ですが、肌にも優しく妊娠中や授乳中も安心して使えます。

 

  

ビーグレン

肝斑にも効果的と言われている「ハイドロキノン」配合です。

 

さらに、特許取得の浸透技術でハイドロキノンやビタミンCといった有効成分をお肌の奥までしっかり浸透させてくれます。

 

肝斑かシミなのかわからないという方も、ビーグレンなら両方をケアできます。

 

  

サエル

超敏感肌、アトピー肌という方にはサエルがいいですよ。

 

敏感肌専門ブランドの美白化粧品なので、肌荒れが気になる方にとってはかなり重宝するはず。

 

実際に使ってみると、とっても優しい仕様感なのに美白効果もバッチリ実感出来ますよ。

 

  

 

 

肝斑を治す方法は?

肝斑と普通のシミの見分け方は難しく自己判断ではわからないと思うので皮膚科で一度見てもらったほうがいいです。

 

内服薬や塗り薬を処方されることもありますし、レーザー治療もできます。

 

以前は肝斑にレーザーはNGとされていましたが、最近は肝斑に効果のあるレーザーが出てきています。

 

保険適用外となり、何度も通う必要があるため時間もお金もかかります。

 

→肝斑に効果的なレーザー治療の料金はどのくらいかかる?

 

 

 

シミと肝斑のどちらかわからないけど皮膚科にはいけない、行きたくない・・・。という方もいると思います。

 

効果の高い美白化粧品ならシミも肝斑も両方効果がありますのでおすすめします。

 

トラネキサム酸と一緒に美白コスメを併用することで早く肝斑が改善されます

 

 

肝斑に効果的な成分はハイドロキノンとトラネキサム酸

 

肝斑に効果的といわれる成分は「ハイドロキノン」と「トラネキサム酸」だと言われています。

 

ハイドロキノンはアメリカでは医師の管理下に置かれている成分で、お肌の漂白剤として知られています。

 

 

かつては日本でも医師の処方せんがないと使用することができなかった成分ですが、このところ安定型ハイドロキノンという成分の生成に成功したため、化粧品分野でも多く取り入れられるようになりました。

 

ただし紫外線の攻撃を受けやすくなりますのでハイドロキノンを使用中・使用後は直射日光等を浴びないように生活に気をつけなければいけません。

 

 

内側と外側から両方ケアする

肝斑にハイドロキノンが含まれたコスメを使うことでだんだんと薄くなっていきます。

 

ハイドロキノンのような外用で治すだけではなく体の内側から解決する必要もあります。

 

飲み薬のとしてトラネキサム酸が注目されています。

 

 

このトラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸で、一般的には止血剤として処方される成分です。
美白効果があるとも言われています。

 

 

医薬品として肝斑改善用の薬が販売されているので、肌には美白化粧品を塗り、トラネキサム酸配合の内服薬で肌の内側と外側から肝斑を叩いていきましょう。

 

トラネキサム酸の飲み薬は薬剤師のいる薬局で購入できます。

 

 

私のシミは肝斑なの?肝斑の見分け方

 

肝斑とはほほ骨に沿って浮かぶシミです。
一般的なシミやそばかすと違うのは、左右対称に蝶の羽を広げたようにできるシミで、面積が広いのが特徴です。

 

またシミの輪郭があいまいで「もやっと」広がっていることも挙げられます。

 

頬骨周りに出なくとも、目じりの下付近に広がっていたり、さまざまな外的ストレスにさらされている場合や、ピル(経口避妊薬)を飲んでいるなどの心当たりがある方は肝斑を疑ってみましょう。

 

 

またシミが気になってきたのは30代に入ってからという方、妊娠や出産を経験している最中にシミが目立つようになったという方も肝斑の可能性が高いと言われています。

 

レーザー治療でシミが治らなかった、美白化粧品を使っても効果が出なかったという方も実は肝斑だったということがあるようです。

 

本物の肝斑ってどんなの?という方は下記の画像を確認してみてください。
グーグルの画像検索で「肝斑」と検索した結果→http://goo.gl/SdAcfW

 

シミと肝斑の見分け方

シミ 輪郭がはっきりしている。
左右対称ではなくランダムに浮いている
肝斑 左右対称
輪郭がはっきりしてない

 

最近はレーザー治療もできるようなので、すぐに消したい!というなら美容皮膚科での治療も考えるといいでしょう。

 

 

肝斑は化粧品で消えるの?

肝斑に効く美白化粧品ランキング

肝斑に効く化粧品を利用して少しでも薄くしたいと考えている方もいることでしょう。

 

肌の漂白剤とも呼ばれているハイドロキノン配合の化粧品を使うことで少しずつ肝斑のシミが薄くなっていきます

 

また、くすみ予防の観点から配合される美白成分シムホワイト377の成分が含まれた化粧品を使うことで紫外線に強い肌を作ることができます。

 

ただこれらの成分が含まれた化粧品を漫然と使うだけでは肝斑の症状はよくなりません。

 

肌の奥深くまで浸透力の高い化粧品であることが求められます。

 

浸透力が高ければ保湿成分も肌の奥深くまで浸透していきますので、肌の内側からふっくらし肝斑だけではなくくすみなども打開してくれます。

 

肌のハリがよみがえれば、毛穴が目立たない肌に生まれ変わりますので、表情が明るくなる・肌から若返る事も夢ではありません。

 

 

肝斑の治療を行いたいという場合は、トラネキサム酸配合の肝斑治療用の内服薬を併用されることをおすすめします。

 

ハイドロキノン配合の化粧品との合わせ技で一日も早く肌のコンプレックスから解放されますよ。

 

 

肝斑におすすめなのはアンプルール

 

アンプルールは皮膚の専門家が開発した美白化粧品です。

 

アンプルールに配合されているのは「新安定型ハイドロキノン」といって、不安定な成分を効果はそのままに、安定化させ刺激を減らしたのです。

 

 

ラインで揃えるのは、ちょっとお高いのですが、初回限定でトライアルキットがあります。

 

1週間分で1,890円ですので、肝斑やシミに悩んでいる方にはぜひ試してみてほしいです。

 

 

私は、トライアルを使ってみたらすっごい感動したので、その後ライン使いして半年間使い続けました。

 

お肌がどんどん変わっていくのがわかって、使ってよかったと思える数少ないコスメです。

 

 

→アンプルールのレビューはこちら

 

 

 




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら



肝斑に効く美白化粧品ランキング記事一覧

肝斑には、塗り薬や飲み薬、そしてレーザーを使った治療法があります。塗り薬や飲み薬での治療法が一般的ですが、最近はレーザー治療の技術が進歩したおかげで、レーザー治療もおすすめです。今回は、肝斑を完全に消したい人向けに、レーザー治療について詳しくお話しします。肝斑の治療法に用いられるレーザー治療って? 肝斑を完全に消すレーザー治療法に「レーザ...
詳細を見る
肝斑はシミの一種なのですが、見た限りでは見分けがつきにくいので、肝斑だと判断するのが結構難しいです。シミと肝斑を見間違えてしまうと、それぞれの対処法が違うので、対処してるはずなのに肝斑が消えてくれない・・・という事態に陥ってしまいます。シミだけではなく、そばかすと肝斑も見分けがつきにくいですよね。病院に行けば、すぐにわかる事なのですが、な...
詳細を見る
肝斑に関する質問の中で「肝斑は20代でもできますか?」という内容のものが寄せられるようになりました。肝斑は30代以降に好発すると言われていますが、実は20代でも肝斑発生のリスクは十分にあると言えるのです。20代の肌はターンオーバーがまだ正常な状態を保てていますので肝斑のリスクは低いのですが。日焼けサロンで常時肌を黒く焼いていた、もしくは紫...
詳細を見る
突然、頬に薄茶色のモヤモヤしたそばかすのようなものが出てくる肝斑。そばかすにしては薄く、普通のシミとは比べものにならないほど数が多いのが特徴的です。肝斑は、シミとは違って美白化粧品では、なかなか消えないと言われています。病院で治療するという手段もありますが・・・費用面などが気になりますね。今回は、肝斑に効く飲み薬や塗り薬について詳しく見て...
詳細を見る
肝斑をセルフケアするときに大事なのがスキンケア化粧品です。毎日、クレンジングと洗顔をして、その後、化粧水、美容液、乳液とスキンケアしていきますね。肝斑対策のためには、どんなスキンケア化粧品を選べばいいのか?また、どんな使い方をすればいいのか?・・・など、気になりますよね?今回は、肝斑対策のための化粧水などのスキンケア化粧品の成分や使い方に...
詳細を見る