肝斑に効く飲み薬と塗り薬は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

肝斑治療に使う飲み薬と塗り薬

突然、頬に薄茶色のモヤモヤしたそばかすのようなものが出てくる肝斑。

 

そばかすにしては薄く、普通のシミとは比べものにならないほど数が多いのが特徴的です。

 

 

肝斑は、シミとは違って美白化粧品では、なかなか消えないと言われています。
病院で治療するという手段もありますが・・・費用面などが気になりますね。

 

今回は、肝斑に効く飲み薬や塗り薬について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

肝斑ってどうやって見分けるの?

肝斑は、普通のシミとは少し違います。
普通のシミは、紫外線や摩擦による刺激で発生するメラニン色素の沈着によるものですね。

 

 

言ってみれば、肝斑はシミなのですが刺激でできるものではなく、発生する場所も決まっています。

 

肝斑ができるのは、両頬や下顎、口の周りなどで、ほぼ対照的に細かいそばかすのような褐色のシミがモヤモヤと広がっています

 

 

肝斑が発生する年齢は30代?40代、性別は女性のみです。

 

30代?40代の女性の顔に出てきた肝斑は、年齢を重ねるごとに消えていくケースがほとんどなので、心配はいらないのかもしれませんが・・・やっぱり気になりますよね。

 

また、妊娠や出産時に急に出てくることもありますが、ほとんどの場合、出産後に次第に消えていくので心配ありません

 

 

肝斑の原因は?

 

肝斑の原因は、実ははっきりしていません。

 

なので、断定はできないのですが、考えられる原因は「女性ホルモンの乱れ」「紫外線の影響」「ストレス」が多いです。

 

 

特に、更年期やピル服用時に肝斑が出てくるケースが多いので、女性ホルモンの乱れの可能性が結構高いですね。

 

女性ホルモンの乱れやストレスが影響して、少しずつ肝斑が表面化してきた時に、紫外線を浴びるとさらに悪化することもよくあります。

 

 

紫外線を浴びた影響で肝斑が表面化するのは、シミができるメカニズムと同じです。

 

シミは、紫外線のダメージを肌に受けると、これ以上の刺激から肌を守るために発生するメラニン色素の沈着によってできます。

 

 

シミができるのは、肌の表面側にある表皮層という層で、表皮層の中の表皮細胞をケラチノサイト、色素細胞をメラノサイトと言います。

 

表皮の厚さはたったの0.1?0.3ミリで、その層で肌のターンオーバーが繰り返されています。

 

 

メラニン色素を作り出すメラノサイトは、表皮の一番奥にあり、肌の表面に刺激が加わると、奥からメラニンが放出される仕組みになっています。

 

つまり、肝斑の原因は「女性ホルモンの乱れ」「ストレス」の可能性が高く、さらに表面化する要因に「紫外線からのダメージ」があります。

 

 

肝斑は皮膚科で治るの?どんな治療法?

 

肝斑は美白化粧品での対策が難しいので、皮膚科や美容クリニックなどの病院に行って治療するのがベストです。

 

皮膚科や美容クリニックで行なわれている肝斑の治療法は次の通りです。

 

 

塗り薬による治療

できてしまったシミに効果的なハイドロキノン配合の塗り薬を処方されることが多いです。

 

クリーム状になったハイドロキノン軟膏を肝斑部分に塗って、メラニンを放出する時に必要なチロシナーゼという酵素の働きを抑えます。

 

また、メラノサイトを減らす効果もあるのでシミができない肌に変わっていきます。

 

 

飲み薬による治療

トラネキサム酸が配合されたトランシーノ、トランサミンなどの飲み薬の治療も多いです。

 

人工合成によって作られたトラネキサム酸は、アミノ酸の一種でメラニン色素の発生を抑えて肝斑を治療していきます。

 

 

メラニン色素を作る指令を出しているのが、プラスミンという酵素です。

 

トランシーノ、トランサミンに配合されているトラネキサム酸は、このプラスミンに働きかけてメラニンを抑えます。

 

 

肝斑は、メラニンの生産ができなくなると少しずつ薄くなって消えて行くのです。

 

しかし、トランシーノやトランサミンを飲んだからといって、すぐに肝斑が消えるわけではありません。

 

例えば、トランシーノは1日4錠の服用が目安で、8週間は続けないと効果は感じられないと、メーカーの第一三共ヘルスケアが言っています。

 

つまり、2ヶ月が最短の治療期間ですね。

 

 

 

施術による治療

美容クリニックに多い治療法が、レーザーで肝斑を除去する施術です。
シミ除去にも、レーザー治療がよく用いられていますが、火傷や色素沈着などのトラブルもよく聞きましたよね・・・。

 

それもあって、肝斑治療では肌への負担が少ないレーザーで治療できるレーザートーニングが最近注目されるようになりました!

 

 

目で見てもよくわかりますが、肝斑と普通のシミ、またはホクロとでは、色の濃さが違いますよね。

 

肝斑は薄茶色なので、シミ用のレーザーでは出力が強すぎるのです。

 

レーザートーニングでは、qスイッチYAGレーザーやメドライトという肌への刺激が少ない特殊なレーザーが使われています。

 

レーザーの出力も安定しているので、肌トラブルの心配がありません。

 

→肝斑のレーザー治療をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

保険適用になる?治療費はいくらくらい?

 

肝斑は病気ではありません。
だから・・・保険適用にはならないので治療費は高めです。

 

 

できれば、セルフケアで肝斑を治したいものですが・・・早く治したいのであれば、病院に行くのがベストです。

 

実際には、肝斑を治すためにどれくらいの治療費がかかるのか?について見ていきましょう。

 

 

塗り薬の相場

外用薬のハイドロキノンやトレチノインは、1ヶ月分で5,000円程度です。

 

ハイドロキノンの配合量は5%程度なので、配合量が1?3%程度の化粧品よりも高いです。

 

 

飲み薬の相場

内服薬のトランシーノやトランサミンは、1ヶ月分で6,000円程度です。

 

 

レーザートーニングの相場

レーザートーニングは、1回の施術で10,000〜20,000円が相場です。

 

複数回をまとめてお得になったコースも用意されており、5回のコースで10万円?15万円程度です。

 

 

 

 

一般的には、

 

・塗り薬と飲み薬
・塗り薬と飲み薬+レーザートーニング

 

のどちらかのセットで治療を進めるので、総費用は結構高くなります

 

 

肝斑治療の副作用は大丈夫?

 

トランシーノ

トランシーノの副作用は報告されていませんが、飲み方を間違えると命に関わる症状が起こります。

 

 

飲み薬のトランシーノは、医療の分野では止血剤として使われています。

 

つまり、血の流れが悪くなるので、飲みすぎると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

 

他には、ホルモンに関わる薬や経口避妊薬などを飲んでいる場合、血液が固まりやすい状態になっているので、トランシーノも併用すると、脳梗塞や心筋梗塞になる恐れがあります。

 

 

ハイドロキノン

 

塗り薬のハイドロキノンは、たくさんの副作用が報告されています。

 

副作用は、肌質に合わなかったり、濃度が濃い、分量を間違えたりなど様々な要因で起こります。
かなり注意をして使わなければいけない塗り薬です。

 

具体的には、肌の色が白く抜け落ちてしまう白斑、炎症、色素沈着でシミができたり、悪化したりなどの副作用です。

 

 

 

トレチノイン

トレチノインには、強力なピーリング作用があります。

 

ピーリングで肌のターンオーバーを促進して、肝斑のメラニンの排出を促すのですが・・・ピーリングの刺激で肌荒れなどの副作用が起こります。

 

 

肌荒れくらいなら、まだいいのかもしれません。

 

ひどい場合は、炎症が起こって治った頃には色素沈着で肝斑より目立つシミができてしまいます

 

 

レーザートーニング

レーザートーニングは、肌への負担が少ない肝斑のレーザー治療として有名ですが・・・肌質によっては、副作用が起こってしまうこともあります。

 

症状は、赤みやかゆみ、乾燥、ニキビや吹き出物などです。

 

 

 

塗り薬と飲み薬ってどっちが効くの?

肝斑治療に使われる塗り薬の外用薬と飲み薬の内服薬の効果を比べるのは、難しいです。

 

併用して効果を発揮する薬なので、どちらかに決めるものではないのですね。

 

 

皮膚科や美容クリニックでも、塗り薬と飲み薬を併用した肝斑治療が一般的です。

 

もっと早く治したい場合は、それに加えてレーザートーニングも行われます。

 

 

逆に言うと、一つの治療法だけでは肝斑は治りません。

 

基本的に、塗り薬と飲み薬は併用しなければ効果は表れにくいのです。

 

 

肝斑の薬はドラッグストアでも売ってる?

 

肝斑の薬は、ドラッグストアで売っているものと売っていないものがあります。

 

 

トランシーノ

 

飲み薬のトランシーノはドラッグストアでも売っています。

 

トランシーノのメーカーは第一三共ヘルスケアで、ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さん出演のCMでもよく知られています。

 

 

肝斑にしか効かない飲み薬としてドラッグストアでも販売されているので、皮膚科や美容クリニックで肝斑だと診断されてから購入するのがオススメです。

 

肝斑だと思っていたら、実はそばかすだった・・・というケースもありますよね。

 

肝斑は、状態によって自己判断だけで見分けるのが難しかったりします。

 

 

5%以上のハイドロキノンとトレチノイン

皮膚科で処方してもらう5%以上のハイドロキノンは、ドラッグストアには売っていません。

 

ドラッグストアに売っているハイドロキノンは、1?3%程度配合の化粧品のみです。

 

→ハイドロキノン配合化粧品はこちら。安全性の高いのはどれ?

 

また、トレチノインの市販も禁止されているので、ドラッグストアには売っていません。

 

 

まとめ

ある日突然現れた肝斑を見ると「どうしよう・・・。」と焦ってしまうかもしれませんが、肝斑は年齢とともに消えるものです。

 

それでも、やっぱり女性の場合は気になりますよね。

 

特に、肝斑は頬骨の上あたりに広がるのが一般的なので、目立つ上にチークの発色まで変わってしまいます。

 

どうしても、肝斑を治したいのであれば、皮膚科か美容クリニックに相談してみましょう。
費用はそれなりにかかりますが、治る確率は高いです。

 

 

 

肝斑を化粧品でケアしたい方はこちら
→肝斑におすすめの美白化粧品ランキング

 

 




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら