紫外線対策の時期は夏?いつから、いつまでやればいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線対策の時期は夏?いつから、いつまでやればいい?

暑い時期だけ紫外線対策をするのではありません!
紫外線の強さは時期によって変わりますが、紫外線対策は年中やらなければいけないのです。

 

また、時期によって紫外線対策方法を少し変える必要もあります。
ここで、紫外線の強さにより時期別で対策を変える方法をご紹介します。

 

紫外線対策はいつまでやればいい?

 

 

紫外線対策は、実は年中やらなければいけません。

 

シミやシワなどのトラブルは絶対に嫌!という女子は、特に年中やるべきですね。

 

紫外線の強さはどれくらいなのか?

 

強さだけを見ると、7月と8月が一番多いです。

 

次に多いのが、5月、6月くらいですね。

 

そして、秋、冬という順で、紫外線は強くなっています。

 

冬の紫外線は、夏の1/3の強さです。

 

だったら・・・冬は紫外線対策しなくてもいいのでは?と思っちゃいますよね。

 

でも、違うんです。

 

紫外線には種類もあるし、何よりも紫外線の強さだけで何もかもが決まるわけではないのです。

 

一番注目したいのは、肌に浴びる紫外線の量です。

 

紫外線の量は、紫外線の強さ×紫外線を浴びている時間で決まります。

 

ですから、冬でも長時間、紫外線を浴びていたら、夏と同じ量か、それ以上の量の紫外線を浴びていることになるのです。

 

 

季節によって変わる紫外線のUVAとUVB

 

紫外線には、「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。

 

そのうち、地上まで届いているのが「UV-A」「UV-B」の2種類です。

 

「UV-A」「UV-B」の2種類の特徴は、次の通りです。

 

 

UV-A

UV-Aは、波長が長い紫外線なので、肌の表面から奥に浸透して、コラーゲンやエラスチンなどの弾力成分を破壊します。

 

窓やカーテンなどに浸透して部屋の中まで入ってくる紫外線でもあるので、屋内で過ごすときもUV-Aには、十分に気をつけなければいけません。

 

 

UV-B

UV-Bは、波長が短く、主に肌の表面に刺激を与えて赤くしたり、炎症を起こさせる紫外線です。

 

肌の表面に刺激を与えることで、メラニンが多く放出されるので、シミの原因になります。

 

 

 

季節ごとに変わるUV-AとUV-Bの強さ

 

UV-AとUV-Bの強さは、季節によって変わりますす。

 

UV-Aは4月から8月、UV-Bは6月から8月が最も強くなります。

 

ですから、特に集中的に紫外線対策をしなければいけないのは、5月から8月くらいです。

 

でも、弱くても1年中、UV-AとUV-Bが降り注いでいるので、方法を少し変えながら紫外線対策をするべきですね。

 

 

時期別!日焼けを防ぐ紫外線対策

 

UV-AとUV-Bの話からもわかりますが、一年を通して見てみると、紫外線が強いのはだいたい5月から8月、比較的弱くなるのはだいたい9月から4月です。

 

ここで、それぞれの紫外線対策方法をお話ししますね。

 

 

紫外線が強い5月から8月

紫外線が多い季節は、UVカットクリームだけに頼らず、日傘や帽子、手袋などでも紫外線対策をしましょう。

 

それではポイントをまとめますね。

 

・汗をかきやすい季節はUVクリームをこまめに塗りなおす(3?4時間に一度)
・UVクリームの防御力はSPF値は20程度、PA++程度が目安
・外出時は日傘や帽子、手袋も使う
・UVカットクリームはケチらずにたくさん塗る
・UVカット機能がついた化粧下地やファンデーションを使う
・ファンデーションはパウダータイプを使う

 

このように、紫外線が強い時期は気温が高く汗をかきやすいシーズンでもありますから、皮脂や汗でUVカットクリームが取れることを想定して何度も塗りなおしましょう。

化粧下地やファンデーションのSPF値とPA値も、UVカットクリームと同じくらいが目安です。

 

特に、日差しが強く感じられる夏は、PA値だけ+++でもいいかもしれません。

 

お肌が弱い人は刺激で肌荒れすることがあるので、基本のPA++でも十分です。

 

 

紫外線が比較的弱い9月から4月?

 

紫外線が比較的弱い9月から4月でも、少し防御力を下げた紫外線対策が必要です。

 

UV-Bが弱いと、気温が低く紫外線の強さも弱く感じられますが、UV-Aは降り注いでいるので紫外線対策が必要です。

 

夏のように、日傘や帽子、手袋までは必要ありませんが、少し防御力弱めのUVカットクリームや化粧下地、ファンデーションでしっかり対策することです。

 

ここでポイントを書きますね!

 

・乾燥しやすいのでスキンケアでしっかり保湿する
・UVクリームの防御力はSPF値は20程度、PA+程度が目安
・ウインタースポーツをするときはUVカットクリームのこまめな塗りなおしを
・ウインタースポーツをするときのUVクリームの防御力はSPF値は25程度、PA+++程度が目安
・UVカット機能がついた化粧下地やファンデーションを使う
・ファンデーションはリキッドタイプを使う

 

紫外線が弱い時期は気温が低いです。

 

気温が低くて寒い時期は、乾燥によって肌のバリア機能が低下するので、しっかり保湿するのがポイントになります。

 

ウインタースポーツをするときは、新雪からの照り返しでかなり紫外線が強くなるので気をつけましょう。

いかがでしたか?
時期別で気候がかなり違いますから、それに合わせた紫外線対策をして、光老化によるシワやシミができないように心がけましょう。
紫外線対策だけで、肌の美しさはかなり変わりますよ!




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら