顔のくすみに効く化粧品の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加  

顔のくすみに効く化粧品の選び方。化粧水、美容液はどれがいい?

顔のくすみは、毎日のスキンケア化粧品で地道に対策できます。
そこでポイントになるのが、スキンケア化粧品選びです。

 

顔のくすみのタイプには、糖化による黄ぐすみ、乾燥によるくすみ、紫外線によるメラニンくすみの3タイプがあります。

 

→顔のくすみの3つの原因とは?あなたのくすみはどのタイプ化チェック

 

 

そのタイプに合わせたスキンケア化粧品を選ばなければ、顔のくすみは解消できません。

 

今回は、顔のくすみに効くスキンケア化粧品の選び方をご紹介します。

 

 

顔のくすみ対策におすすめの化粧品はこれ!

 

顔のくすみ対策に役立つスキンケア化粧品は、たくさんありますね!

 

様々な成分と機能がありすぎて迷いますが、ここでは中でもおすすめなサエルとアンプルールをご紹介します。

 

 

サエル アドバンス ホワイトニングケアシリーズ

 

顔のくすみに効く化粧品の選び方

 

サエルはポーラオルビスグループの中の敏感肌専門化粧品ブランドで、サエル アドバンス ホワイトニングケアシリーズは、敏感肌さんのための美白化粧品です。

 

敏感肌のことを考えると、美白成分の作用が弱く効果がないように思われがちですが、最大限に効果を生かせられる低刺激な成分が含まれているのが特徴です。

 

特徴的な成分は次の通りです。

 

ビタミンC誘導体

化粧水やクリームに配合されているビタミンC誘導体は、抗酸化作用で活性酸素を除去してメラニンを抑えるだけではなく、還元作用でメラニン沈着を薄めていく作用もあります。

 

アルブチン

美容液に配合されているアルブチンは、ハイドロキノンよりも低刺激ですが、メラニン色素の放出をしっかり防いで紫外線くすみを予防してくれます。

 

 

マロニエエキス

マロニエエキスはメラニン色素を作るときに必要なチロシナーゼという酵素の生成を抑えて、メラニン放出を阻害します。
西洋トチノキの実から採れる天然エキスなので肌にも優しいです。
また、保湿効果も高い成分なので乾燥くすみにも効果的です。

 

コウキエキス

中国に生息するクルミ科の常緑高木である黄杞(コウキ)の葉から抽出されるエキスで抗酸化、抗炎症、抗糖化作用があります。

 

 

さらに、サエル アドバンス ホワイトニングケアシリーズには、セラミドなどの保湿成分もたっぷり配合されているので、敏感肌の乾燥を癒しながら顔のくすみ対策ができます。

 

→サエルを実際に使ってみました♪口コミレビューが気になる方はこちら

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルール ラグジュアリーホワイトは、メーカー独自の新安定型ハイドロキノンが特に注目されている美白対策用にスキンケア化粧品セットです。
中でも、化粧水の「ラグジュアリーホワイトローションAO」には、究極の美白成分が入っているので、顔のくすみ対策のスキンケア化粧品の基本にしていただきたいほどおすすめです。

 

特徴的な成分は次の通りです。

 

新安定型ハイドロキノン

一番の注目成分が新安定型ハイドロキノンです。
性質の不安定さが肌トラブルの元になっていたハイドロキノンを、アンプルールの技術によって安定させたのが、新安定型ハイドロキノンです。

 

特に、熱や光に弱かったハイドロキノンですが、新安定型ハイドロキノンは大丈夫です!

 

 

α-リポ酸、クインテシン

これ以上の紫外線ダメージからしっかり肌を守ってくれるα-リポ酸、クインテシンも配合されています。
サプリメントでもよく使われている2つの成分は、さらなるダメージから肌を守って、しっかり顔のくすみ対策をしてくれます。

 

 

ターゲット保湿型セラミド、ペリセア

肌のターンオーバーを正常にするのに必要なセラミドとペリセアで、乾燥くすみも紫外線くすみもしっかり対策できます。
ターゲット保湿型セラミド、ペリセアは肌の奥まで集中的に保湿できる優れた保湿成分です。

 

ターゲット保湿型セラミドは乾燥した部分を選んで集中保湿、そこにペリセアも浸透してダブル保湿で肌を潤わせてくれます。

 

アンプルール ラグジュアリーホワイトには、化粧水の他にもクレンジングや洗顔料、乳液、美容液などのアイテムがあるので、まずはトライアルキットで効果を確かめるもいいかもしれません。

 

→アンプルールを使ったら感動!口コミレビューはこちら

 

 

 

スキンケアでくすみは解消できる?

 

スキンケア化粧品選びを間違えなければ、顔のくすみは解消できます。ただし、少し時間はかかります

 

 

化粧品は、薬ではないので配合されている成分の濃度は低めで効果を感じる速度はゆるやかです。

 

また、糖化による黄ぐすみ、乾燥によるくすみ、紫外線によるメラニンくすみの3タイプに合った成分が配合された化粧品を選ばなければ効果は出ません。

 

これらのタイプは、それぞれに原因が違います。なので、必要とする成分も違うのです。

 

「顔がくすんでいるから、とりあえず美白成分が入っているスキンケア化粧品で対策しよう。」という安易な考えでは、残念ながら顔のくすみは解消できません。

 

 

正しくスキンケア化粧品を選ぶことが、顔のくすみを解消する第一歩になります。

 

 

化粧水・美容液・乳液・クリームの役割を知っておこう!

 

顔のくすみのスキンケア化粧品を選ぶ前に、化粧水?クリームまでのそれぞれの役割や使う順番などの基礎知識を知っておきましょう。

 

スキンケア化粧品には、クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームとアイテムがあり、クレンジングと洗顔料から始まって、化粧水?クリームまでの使う順番も決まっています。
この順番を間違えると、スキンケア化粧品の効果を最大限に感じられません。

 

化粧水?クリームの役割と使う順番は次の通りです。

 

 

1. 化粧水

7?8割程度が水分でできている化粧水は、水に溶けやすい水溶性の美容成分を配合した水分補給のためのスキンケア化粧品です。

 

また、洗顔で奪われた水分補給を役割としていて、肌表面の角質層に美容成分を含んだ水分を補給することで、この後のスキンケア化粧品の成分を浸透しやすくする役割も持っています。
残念ながら、化粧水だけではくすみの解消は出来ません。

 

 

2. 美容液

美容液は、化粧水やそのほかのスキンケア化粧品アイテムよりも、美容成分の濃度が高く、肌の悩みに特化した成分だけが配合されている特別なスキンケア化粧品です。

 

シワやたるみ、シミ、乾燥など、それぞれに肌の悩みがありますね。

 

その悩みに合った成分が厳選されて配合されているので、集中的にスペシャルケアできるようになっています。

 

逆に言えば、スペシャルケアなので絶対に必要なスキンケア化粧品ではありません。

 

 

3. 乳液

化粧水は水溶性の美容成分が多く配合されていますが、乳液は油溶性の成分が多く含まれています。

 

人間の肌の表面には、適度な皮脂で作られた皮脂膜という保護膜があり、肌の中の水分や美容成分を逃さないようにしてくれています。

 

しかし、大人になるほど皮脂量のバランスが崩れやすくなるので、乳液のような油溶性の成分を多く含むスキンケア化粧品で保護膜を作ります。

 

もちろん、美容成分も配合されているので、成分を補給しながら保護していく仕組みになります。

 

 

4. クリーム

クリームは、乳液よりもさらにテクスチャーが重めの油溶性成分濃度が高いスキンケア化粧品です。

 

特に、肌のバリア機能が低下していると感じる人の最終の仕上げアイテムとしての役割を持っています。

 

 

 

どんな化粧品を選べばいいの?

 

顔のくすみのタイプ別にスキンケア化粧品を選ぶときに注目したいのが配合成分です。

 

くすみの原因を解決できる美容成分が使われているスキンケア化粧品を選んで、正しく顔のくすみ対策をしていきましょう。

 

ここで、顔のくすみのタイプ別に必要な成分をご紹介します。

 

 

糖化くすみ

 

糖化によるくすみの改善は、基本的には、これ以上の糖化を防ぐしか術がありません。

 

しかし、最近は糖化生成物のAGEを分解するメーカー独自の成分も登場しています。

 

スキンケア化粧品だけではなく、食事や運動なども併用する必要がありますが、スキンケア化粧品を選ぶときに注目した抗糖化成分はこの通りです。

 

 

桜の花エキス

保湿効果も高い桃の花のエキスには、糖化反応を阻害する効果が期待できます。

 

 

ヨモギエキス

ヨモギから採れるヨモギエキスには、糖化生成物のAGEを分解する作用があります。
YACエキスとも表記される成分で、ヨモギにAGEを分解する作用があることはPOLAが発見しました。

 

 

マロニエエキス

西洋トチノキの実から採れるマロニエエキスには、糖化を抑える効果があります。

 

→糖化対策におすすめの化粧品はこちら(別サイト)

 

 

 

乾燥くすみ

 

乾燥くすみの解消は保湿をすることで肌のターンオーバーを促すのが効果的です。

 

スキンケア化粧品で重視したい保湿成分は、次の通りです。

 

 

セラミド(セラミド2・セラミド3など)

セラミドは、角質層の細胞間にある保湿成分です。

 

水分を抱え込みながら角質細胞を埋めるように存在しています。

 

セラミドを補給するごとに、角質層が潤ってバリア機能が向上します。

 

セラミドには、天然や合成、ヒト型などの種類がありますが、効果的なのはヒト型のセラミドです。
成分表にセラミド2・セラミド3などのセラミド+数字の名前が載っているスキンケア化粧品を選びましょう。

 

 

ヒアルロン酸(ヒアルロン酸Na)

ヒアルロン酸は、肌表面の角質層よりも少し奥にある真皮層に存在する保水力が高い成分です。
ヒアルロン酸1gで6Lの水分を抱え込むことができ、スポンジのような性質を持って真皮層で潤いを保っています。

 

関節をスムーズに稼働させるためにも重要な成分ですが、加齢ととも減っていくので補給しなければいけません。
肌表面の保湿成分はセラミド、肌の奥の真皮層の保湿成分はヒアルロン酸と覚えておきましょう。

 

基本的には、この2つの保湿成分を補うことで肌のターンオーバーサイクルが正常化されるので、乾燥くすみさんは、まずは地道に保湿を続けていきましょう。

 

 

紫外線くすみ

紫外線くすみは、メラニンの発生を抑えながら還元することに重点を置いたスキンケア化粧品を選びましょう。

 

美白成分には数々の種類がありますが、中でも注目したいのが次のような成分です。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、ビタミンC成分を効率よく角質層に浸透させるために開発された成分ですので、肌細胞の抗酸化効果はもちろんのこと、できてしまった頑固な色素沈着の改善にも役立ちます。

 

加齢や紫外線などの影響を受けて肌老化が進むと、新陳代謝機能そのものが鈍るため、当然、ターンオーバー周期も長くなります。

 

そうなると、できてしまったシミがいつまでも表皮に残ってしまいます。

 

そこにビタミンC誘導体を与えて上げることによって頑固なシミのケアにつながると考えられています。

 

 

アルブチン

 

アルブチンは、梨やコケモモ、ウワウルシなどの植物の葉から抽出された成分で、メラニン色素を生成するときに必要な酵素のチロシナーゼの活性化を抑えてメラニン放出を阻害します。

 

アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンがあります。

 

 

α-アルブチン

江崎グリコがハイドロキノンにブドウ糖をα結合して作り上げたもの

 

 

β-アルブチン

梨やコケモモ、ウワウルシなどの植物の葉から抽出されたもの

 

この2つを比較すると江崎グリコが開発したα-アルブチンの方が効果が高く、ほとんどの場合、美白化粧品ではα-アルブチンが使用されています。

 

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、メラニンを作り出すメラノサイトの働きを阻害してメラニン放出を防ぐ美白成分です。
さらに、メラノサイトを減らす効果まであるので、徹底的な美白対策が期待できる成分なのです。

 

しかし、ハイドロキノンはかなり刺激が強い上に、不安定な性質を持っているので数々の副作用が報告されてきました。
けれども、化粧品の配合濃度は1?3%程度なので、そんなに心配する必要はないのと、安定した性質に作り変えられたハイドロキノンも誕生しているので、副作用が少なくなってきています。

 

 

まとめ

顔のくすみ対策は、できるだけ早めに始めるのが解消の鍵になります。

 

スキンケア化粧品による顔のくすみ対策は、手軽に取り入れられる対策方法なので、まずは自分のくすみタイプを知ってから、正しくスキンケア化粧品を選んで対策を始めましょう!




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら