目の周りのくすみを取る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

目元のくすみは老け顔の第一歩!

女性にとって目元はほんっとうに大事です!

 

「女性は目元が命」と言っても過言ではないです。

 

 

実際に目の下が少しでもくすんでいると、印象が全く違いますよね。
鏡を見てもうんざりします・・・。

 

こんなに違うんですよ↓

 

目の周りのくすみを取る方法

 

 

そして見ないふりをして、ほうっておくと

 

  • 目の下がくぼみ・・・
  • 目の下に線が入り・・・
  • 目元がくすんできて・・・
  • 目元にシワができて・・・

 

 

見た目年齢よりも老け見られること間違いなしです。

 

 

実際に私も30歳を迎える頃、目元がくすんでたるんできました。

 

でも、アイクリームは高いからと言う理由で使わなかったんですね。

 

 

5年後・・・。
もう取り返しが付かないほど、目元が老けているんです><

 

今はアイクリームとメイクでなんとか維持していますが、もっと早くからやっていればここまでひどくはならなかっただろうと後悔しかないです。

 

 

目元の老化が早い理由は?

 

目の周りは黒くくすみがちです。

 

寝不足や肌の乾燥、血行不良などで簡単に目の周りがくすんでしまいます。

 

 

目の周りは皮膚がとても薄く、乾燥しやすい部分です。

 

だから、アイメイクを落とすときにこすると色素沈着が起きやすいです。

 

また、眼精疲労や冷え性で結構が悪い人も目元のくすみが起きやすいでしょう。

 

 

目の周りの皮膚が薄いので、それだけしっかりとケアをしないといけないんです。

 

老け顔になりたくない!

 

という方は、今からでも遅くないです。

 

目元専用のケアをしっかりしてくださいね!

 

 

最近買ってよかった目元美容液3選

 

今まで使ってきた目元美容液で、コレは良かった♪
という商品を3つ紹介します。

 

価格もそこまで高くないので、気になったものがあれば試してみてください。

 

 

目元とまつげのご褒美

 

Tree「目元とまつげのご褒美」というアイクリームなんですが、3ヶ月前に買ってみてめちゃくちゃお気に入りなんです。

 

インスタとかでもたくさんの人が乗っけていて、エビちゃんも使っているんだとか。

 

 

この目元とまつげのご褒美の何が凄いって?

 

それは、目元の血行促進と保湿をしてくれるだけじゃなく、まつ育効果まであるんです!

 

 

目元のくすみや小じわ、青グマを改善するだけじゃなく、まつ毛もグングン育ってしまうんです!

 

 

最初は「ウソでしょ!?そんなことあるわけ無いじゃん」と思っていたのですが、980円だったので買って試してみると、本当に効果があってびっくり。

 

口コミや私のレビューをまとめたので、気になる方は読んでみてください。

 

 

→目元とまつげのご褒美の口コミとレビューはこちら

 

 

3年毎に新車に乗り換え

@コスメや楽天で1位を取ったアイクリーム

 

 

アイキララ

目元がたるんで、くぼみができてくすんでいるなら、肌のコラーゲンを増やす必要があります。

 

コラーゲンを増やすには、ビタミンC誘導体やレチノール配合の化粧品が有効。

 

また、それらの成分がしっかりと肌に浸透する物を選ぶことも大切ですよ。

 

 

アイキララは2,980円とアイクリームとしては価格も安いです。
また全額返金保証もあるので安心ですよね!

 

 

レチノール配合なのでコラーゲンをサポートしてくれるので目元のたるみが気になるかたは試してみてくださいね!

 

3年毎に新車に乗り換え

 

 

 

アンプルール

3年毎に新車に乗り換え

 

目元のくすみが茶色っポいなら、それは色素沈着かもしれません。

 

目元は肌が弱いので、クレンジングでこすりすぎるだけで新基礎沈着を起こしてしまいます。

 

また、紫外線によるシミもできやすいです。

 

 

そんな色素沈着に有効なのが、ハイドロキノンという成分です。

 

海外のセレブの間で有名になり「シミの消しゴム」といわれている成分です。

 

 

通常のハイドロキノンは非常に不安定な性質なのですが、これを安定化したのがアンプルールの「新安定型ハイドロキノン」

 

この新安定型ハイドロキノンをピンポイントで目元に使えるので、色素沈着もみるみる変化していきますよ。

 

 

→私も使ってみました。アンプルールの辛口レビューはこちら

 

 

 

 

 

目元のくすみはタイプによって対処法が違う!あなたのタイプはなに?

 

目元のくすみは3つのタイプがあります。
今回は目の下にできるクマに注目してタイプ別の対処法を書いていきます。

 

まぶたや目の周りのくすみが気になる方は、色素沈着の対処法を見てくださいね!

 

クマの種類は以下の3つ。

 

1 血行が悪い(青グマ)
2 たるみやむくみで影ができる(黒グマ)
3 色素沈着やシミ(茶グマ)

 

それぞれの特徴と対策を見ていきましょう。

 

あなたのクマのタイプをチェック!

 

まず鏡を見て、あっかんべーのポーズを取りましょう。
目の下の皮膚を引っ張った時にクマは薄くなりましたか?

 

薄くなったらならそれは青グマです。

 

 

次に、上を向いたり下を向いたりしてみましょう。
上を向いたときいに薄くなり、下を向いた時に濃くなるならそれは黒グマです。

 

 

今の2つのチェックで濃さが変わらないのならそれは茶グマです。

 

 

自分のクマのタイプが分かったならそれぞれの対処法を見ていきましょう^^

 

 

青グマの対処法は血行促進

徹夜して目の下にクマが・・・。

 

なんて若いころ会話していたのを思い出します(笑)

 

そう、徹夜や目の疲れによってできるのが青グマの特徴です。
目の周りには、目を動かすために血管が集中しています。

 

目が疲れると血液が淀んでしまいます。
そのよどんだ血管が表面に見えているのが青グマです。

 

目の周りの皮膚は薄いし、色白の人だと余計に目立ってしまうでしょう。

 

 

原因は目の疲れ、血行悪化なので、目元の血行促進をしてあげると改善します

 

 

目元の血行促進する方法

適温に温めた蒸しタオルを目の周りを中心に顔全体に乗せて温めましょう。

 

スチームの力で肌にふっくら感を与えることができます。

 

温めることで血行もよくなりますので目の周りのくすみも取れてきますよ。

 

また、むくみで滞りが起こってしまうことでもくすみがちになります。

 

むくみにはマッサージで血行促進が効果的です。
あごの中心からからこめかみにむけて、眉間からこめかみに向けて指の腹で優しくマッサージをしリンパを流してあげましょう

 

目の周りは目がしらから上瞼を通り、目じりへ向けて目の骨を沿うようにマッサージをします。

 

下まぶたも同様に目がしらから下瞼を通り目じりに向けてほお骨を沿うようにマッサージをするとよいでしょう。

 

目のクマに当たる部分を重点的にマッサージをすることで余計にくすみが増してしまうことも考えられるので特にくすみがひどい部分は触らないようにしましょう

 

 

睡眠不足の場合は、なるべくゆっくり休んで疲れをとってあげましょう。

 

 

隠したい場合は、コンシーラーを使うと目立たなくなるので、昼はコンシーラーで隠し、夜は温めたりマッサージして血行促進をしましょう。

 

 

もう手遅れ?黒グマの原因と対処法はないのか

 

一番やっかいなのか黒グマです。
黒グマは年によるたるみや弾力低下などによって目の下にくぼみができて、それがになりクマに見えるものです。

 

影なのでコンシーラーでは隠せませんし、年齢によるものだと改善はなかなか難しいです。

 

 

対策としては、コラーゲンを補給してあげるか、肌のコラーゲン生成をサポートする化粧品を使うことでしょう。

 

すぐに何とかしたい!という方は、美容整形外科にお世話になるしかないでしょう。
どうしても!今すぐ!という方は病院へ行ってみましょう。

 

コラーゲンを増やすためのスキンケア

 

目の周りのくすみは皮膚が薄く、たるみが原因でくすみができやすくなります。

 

放っておくと、目元が垂れてきてどんどん老け顔になってしまうので毎日のケアがとても大切になりますよ。

 

 

たるみの原因は真皮のコラーゲンの減少です。

 

だから、コラーゲンを増やすことでたるみを防ぐことができて、くすみが取れます

 

コラーゲンを増やすためには、コラーゲン配合の化粧品やコラーゲンドリンクではほとんど効果がありません

 

コラーゲンは粒子が大きくて、肌の表面に塗っても浸透しないし、口から摂取しても体内でアミノ酸に変わってしまうからです。

 

 

では、どのようにコラーゲンを増やせばいいのでしょうか?

 

真皮のコラーゲンを増やすには、ビタミンC誘導体やレチノール配合の化粧品が有効です。

 

また、それらの成分がしっかりと肌に浸透する物を選ぶことも大切ですよ。

 

 

 

茶グマは消せる?色素沈着は手強いよ

 

茶グマの正体は色素沈着です。
いわゆる「シミ」ってやつです。

 

洗顔やクレンジングでこすりすぎていたり、目をこする癖がある人は要注意です。

 

こすることで、目の下だけじゃなく、まぶたなど目の周りもくすんでしまいます。

 

目の周りがくすむと一気に老化した印象になるので気をつけたいところです。

 

 

今日からクレンジングや洗顔の方法を見直しましょう。
絶対に擦っちゃダメですよ。

 

花粉症だったり、目が痒くなって目をこする人もなるべくこすらないような工夫が必要です。

 

 

今ある茶グマを解消するには?

 

シミを消すのはなかなか大変です。
まだ新しいものならスキンケアで薄くすることもできるでしょう。

 

でも時間が立ってしまったものはなかなか改善するのは難しいです。

 

古い茶グマをなんとかしたいなら皮膚科などに相談してみるのがいいでしょう。

 

 

新しめの色素沈着なら、普通の美白ケアで対処しましょう。

 

美白化粧品を使ったり、美白成分が入ったアイクリームを使うといいでしょう。

 

 

まとめ

 

冒頭でも話しましたが、目元は本当に大事です。

 

しっかりとケアをしていないと、みるみるとくすんで、たるんで、しわができおばちゃん顔の出来上がり。

 

私みたいに公開してほしくないので、アイクリームは使ってほしいんです。

 

 

確かにアイクリームはちょっと高いです。

 

そこまでお金をかけられない・・・。というなら、今使っている化粧品を安くしてでも目元にお金をかけるべき。

 

 

 

最近買ってよかった目元美容液3選

 

 

 

3年毎に新車に乗り換え

@コスメや楽天で1位を取ったアイクリーム

 

 

 

 

 

 

 

 /></p>
<p> </p>
<p class=

 

 

 

 




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら