冬でも日焼け止めは必要?SPF効果のあるファンデーションも必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

冬でも日焼け止めは必要?SPF効果のあるファンデーションも必要?

冬になれば紫外線対策なんてしなくても大丈夫?!と気楽に考えていませんか?
夏より日差しは弱まるものの、実は、冬の方が紫外線が強いケースもあります。

 

日焼け止め対策は、一年中必要です。
季節によって、日焼け止め対策の方法を変えなければいけません。
日焼け止めではなく、化粧下地やファンデーションにも気を配らなければいけません。

 

ここでは、冬の日焼け止め対策とファンデーションについてお話しします。

 

 

冬の紫外線の量は?

紫外線の量は、紫外線の強さと浴びる時間の長さによって決まります。

 

でも、「紫外線の強さ=紫外線の量」だと思っている人が多いので、季節ばかりを気にしてしまうんですよね。

 

私もそんな考えだったので、夏は紫外線の量が多くて、冬は紫外線の量が少ないと思い込んでいました。

 

しかし、夏と比較すると、冬の紫外線の強さは弱まるものの、紫外線は存在しています。

 

ということは、浴びる時間が長ければ、夏と同じか、それ以上の紫外線の量になることも当たり前にあるのですね。

 

例えば、波長が長いUVAという紫外線は、冬になると夏の1/3になりますが、夏の3倍の時間浴びると、紫外線の量は同じになります。

 

 

実は危険?!冬の紫外線が厄介な3つの理由

冬の紫外線って、実はすごく厄介ものなのです。

 

気づきにくいから、だんだん肌が老化していく感じで・・・後から気づくことも多いんですよね。

 

でも、シミやシワなどが出てから気づいてもケアは大変で、なかなか肌老化を改善できません。

 

ここで、冬の紫外線はどんな風に厄介なのか?3つの理由をお話しします。

 

 

冬の日焼けは気づきにくい

夏の日差しは強いですよね。

 

強いと感じるのは、波長が短いUVBの紫外線が肌の表面に当たって「熱い」と感じられるからです。

 

また、波長が短いUVBが強くて、直接浴びてしまうと肌の表面が赤くなるので、すぐに気づくのですね。

 

でも、冬の紫外線は波長が短いUVBは、夏の1/4まで下がるのであまり強くありません。

 

だからこそ、肌表面に紫外線を感じることが少なく「浴びていない」と錯覚してしまうのですね。

 

その代わり、波長が長い「UVA」の方の紫外線は夏も冬も同じように存在します。

 

波長が長いために、肌の奥まで届いてしまうため、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの弾力・保湿成分を壊してしまいます。

 

それをつまり、光老化というのですが・・・その老化は大分経ってから気づくケースがほとんどで、時間が経つほど改善するのが大変なのです。

 

 

新雪などからの照り返しが加わる

冬の紫外線は、空から浴びるだけではありません。

 

雪が降っていれば、真っ白い新雪からの照り返しによっても紫外線を浴びてしまいます。

 

しかも、紫外線の反射率は80%と、かなり高めなのです。

 

 

乾燥で肌がデリケートになっている!

冬は気温が低く、空気も乾燥しているので、肌がカサカサに乾燥しますよね。

 

毎年、冬になると保湿対策が大変でミスト化粧水を常備しています。

 

肌が乾燥すると、肌の表面にある角質層の細胞間に隙間ができてしまうので、バリア機能が低下してダメージを受けやすくなります。

 

そんなデリケートな肌に紫外線は降り注いだら、、、大変なことになりますね。

 

たとえ、紫外線の量が少なくても、肌のバリア機能が低下しているせいでかなりダメージを受けてしまうことになるのです。

 

 

冬の日焼け止めのSPF値とPA値はどれくらい?

 

SPF値とPA値の値の話の前に、まず、それぞれの値の意味についてお話ししますね。

 

SPF値とPA値の中身も知らずに、防御力が高ければいいような選び方をしていると、確実に肌は傷みます。

 

それは、SPF値とPA値の防御力が高いほど刺激が強くなり、肌に負担を与えてしまうからです。

 

それでは、SPF値とPA値について説明しますね。

 

 

SPF値
SPF値は、紫外線の中でも波長が短いUVBを防御する力の値を表しています。

 

UVBが強くなるのは夏です。

 

その証拠に肌の表面が熱くなったりヒリヒリしたりします。

 

人間の肌は、紫外線を浴びたからといってすぐに赤くなるのではありません。

 

基本的に紫外線を20分程度浴び続けていると、だんだん肌が赤くなってきます。

 

つまり、この20分を基本としてSPF値が決められます。

 

表記はSPFの横に数字が書かれている状態で、1は20分を表しています。

 

例えば、塗ってから約6.5時間ほどの効果がある場合は、SPF20という表記になります。

 

PA値

 

PA値は、紫外線のUVAを防御する力を表しています。

 

PAの横には「+」がついており、その数によって防御力がわかります。

 

UVAは、すごく波長が長い紫外線なので、肌の奥の真皮層にまで入りこみ、コラーゲンなどの弾力成分を破壊して、シワやたるみを発生させます。

 

ちなみに冬の日焼け止めは、SPF25程度、PA++程度が平均的です。

 

 

UVカット効果のある下地やファンデを使ってもいい?

 

冬は乾燥や雪による紫外線の照り返しで、かなり紫外線のダメージを受けやすい環境にいるので、徹底した日焼け止め対策が必要です。

 

だからこそ、化粧下地やファンデーションもUVカット効果が入っているものを使うべきです。

 

まず、日焼け止めを塗ってから、化粧下地を塗ります。

 

その上からリキッドファンデーションを塗っておくと、紫外線からも乾燥からもしっかり肌を守れます。

 

化粧下地もリキッドファンデーションもSPF25くらい、PA++くらいを目安にしましょう。

 

このように冬もちゃんと日焼け止め対策をしておかなければ、肌の奥から老化が進んでシワやたるみの原因になります。

 

雪焼けによる肌の表面の炎症を避けるためにも、日焼け止めクリームとUVカット効果がある化粧下地やリキッドファンデーションでしっかり日焼け
止め対策をしましょう。




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら