日傘選びで失敗しないポイント!完全遮光できる色や素材は?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日傘選びで失敗しないポイント!完全遮光できる色や素材は?

UVクリームなどで紫外線対策をしていても、外出の時は日傘が必需品ですよね。

 

日傘があるだけで、紫外線からのダメージも半減しますし、体感温度が下がるので涼しく過ごせますね。

 

実は、日傘にはいろんな種類があります。

 

色や素材、加工によって紫外線カット率が違ってきます。

 

どんな日傘を選べば、効率よく遮光して紫外線をカットできるのか?
ここで、日傘選びのコツをご紹介します。

 

 

日傘の遮光とUVって?

 

日傘には、「遮光」や「UVカット」の機能がついていることが多いです。

 

暑さや紫外線を防ぐために必要な機能で、日傘を選ぶポイントにもなります。

 

遮光率とは?

遮(さえぎ)る光と書いて遮光ですね。

 

つまり、遮光率は光を遮る確率のことを言います。

 

傘に指す太陽光を遮って、涼しくしてくれるのです。

 

 

UVカット率とは?

UVは紫外線のことなので、UVカット率は紫外線をカットする確率という意味になります。

 

どちらも、100%がマックスで数値が大きいほど効果が高くなります。

 

 

やっぱり紫外線をカットするのなら遮光よりもUVカットの機能がある方がいいですね。

 

日焼けしたくない人には、UVカット機能付きの日傘がおすすめです。

 

 

日傘は何色を選べばいい?

 

実は、遮光やUVカット率から考えると、日傘は黒系の色がおすすめです。

 

 

黒系は、暑く感じられますが、光や紫外線を吸収して通しにくい性質を持っています。

 

白系には、紫外線を反射させる働きがあるのですが、同時に浸透させてしまうので、日傘の中に光や紫外線が入ってくる可能性があるんですよね。

 

地面から照り返される光や紫外線まで反射して、肌に照りつける可能性もあるので、実は白系の日傘はおすすめできないのです。

 

 

日傘の表や裏の色によって効果が違う?

 

日傘の色選びは、日傘の裏と表でポイントが変わります。

 

結論から言うと、裏は黒で、表は白がおすすめです。

 

先ほどもお話しした通り、黒は光や紫外線を吸収します。

 

だから、地面からの照り返しをキャッチして吸収してくれるので、裏には最適なカラーです。

 

そして、白は光や紫外線を反射してくれます。

 

だから、表側が白系になっている日傘を選ぶと、光や紫外線を外へと反射してくれます。

 

しかし、白系だからといって、すべての光や紫外線を反射できるわけではありません。

 

素材やついている機能の有無によっては、日傘の中に入ってくることもあるのです。

 

だからこそ、裏が黒系だと入ってきた光や紫外線を吸収してくれるので、おすすめというわけなのですね。

 

表が白系なら、見た目も涼しくて明るいのでおしゃれに見えますね。

 

 

素材は何が良い?浸透率が低い素材ってあるの?

 

光や紫外線を通す確率、つまり、浸透率の高さは日傘の色ではなく、素材で大きく違ってきます。

 

これは、遮光やUVカット機能がついている日傘を前提にしたお話ですが、浸透率が高い素材の順番は次のようになります。

 

 

1位 ポリエステル
2位 麻
3位 綿

 

 

浸透率だけを見ると、ポリエステルが1位なのですが・・・ポリエステルって熱をかなり吸収するので、日傘がすごく熱くなるんですよね。

 

日傘をさしている本人も、かなり暑い思いをすると思います・・・。

 

なので、おすすめは麻です。

 

麻が二重になった日傘が人気ですよね?

 

それは、見た目のテクスチャーもどこか味があって、光や紫外線を通しにくいという性質を持っているからなのです。

 

 

日傘は長傘と折りたたみどちらを選べばいい?

日傘には、いろんな形状のものがありますね。

 

よく知られているのが、普通の長傘タイプと折りたたみタイプですね。

 

さて、長傘タイプと折りたたみタイプのどちらを選べばいいのか?

 

日傘を購入するときに、すごく悩むポイントではないかと思います。

 

形状については、日傘を持つシーンによって選ぶ基準が違いますね。

 

つまり、2タイプ持っていた方がいいと思います。

 

私は、荷物が多くて長い時間、外出するときは折りたたみタイプを持っています。

 

でも、短い時間の外出やあまり手荷物がない日は、逆に長傘タイプの方が持ち運びやすいので、長傘タイプで出かけます。

 

 

短い時間の外出で、あまり大きな鞄を持つことはありませんよね。

 

そんなときに、折りたたみタイプを持っていくと、結局手で持たなければいけないので、邪魔になってしまうのです。

 

それに・・・わざわざ開いて、閉じるときはカバーにしまわなければいけないという面倒さもありますね。

 

例えば、このようにシーンによって使い分ける方がいいと思うので、2タイプの用意をおすすめします。

 

 

いかがでしたか?

 

日差しが強い日は、その熱だけで暑くなり、皮脂が出やすくなってメイク崩れの原因にもなります。

 

日焼けやシミの防止にも大事な日傘選びですが、涼しく快適に、そしてメイク崩れなどなく、美しいままで過ごせるようにうまく選びたいですね。

 

日傘は、紫外線対策の必須アイテムです。

 

UVクリームだけで安心しないで、是非、日傘も紫外線対策アイテムに加えてあげましょうね!




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら