小さいシミがたくさん!消すにはレーザー?それともハイドロキノン?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

小さいシミがたくさん!消すにはレーザー?それともハイドロキノン?

頬のあたりにモヤモヤと広がる小さいシミたち・・・。

 

そばかすでもないし、ホクロでもないし。

 

じゃあ、何、これ?

 

両頬に広がる茶色くて小さいシミの塊は、30代から40代くらいの女性によく見られるそうです。

 

ここでは、モヤモヤと広がる小さいシミについて、詳しくお話しします。

 

 

頬のあたりに小さなシミが!その正体は?

 

30代から40代くらいの女性に多く見られる小さいシミの集団。まるで、そばかすのように両頬にモヤモヤとした輪郭で広がっているのが特徴です。

 

30代から40代女子を悩ませる小さいシミの正体は「肝斑(かんぱん)」と言われるものです。

 

肝斑はシミの一種で、両頬に同じように広がるのが特徴的です。

 

頬以外にはできず、普通の美白ケアや紫外線対策ではなかなか消えません。

 

一般的に、そばかすは3歳くらいから思春期あたりまでの子供によく見られます。

 

もう一つは、日光黒子(老人性色素斑)もありますね。

 

日光黒子は、中年の人によく見られるシミで頬だけではなく、いろんなところにできます。

 

しかし、肝斑は30代から40代くらいの女性だけに見られる両頬に対称的に広がる特徴を持ったシミなのです.

 

 

モヤモヤした小さいシミの原因は?

モヤモヤした小さいシミの肝斑ができてしまう原因は、主にホルモンバランスの乱れです。

 

紫外線が影響することもあるので、UVケアを忘れないように気をつけなければいけませんね。

 

肝斑の原因は、次の2つです。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンがあり、互いにバランスをとりながら、女性らしい体を作ってくれています。

 

でも、いろんな影響でホルモンバランスを保てなくなることがあります。

 

例えば、肝斑の場合は、プロゲステロンの方が多く分泌されてしまい、それによって肌をデリケートな状態にしてしまいます。

 

すると、メラノサイトというメラニン色素を放出する細胞は、炎症が起こっていると判断して、大量のメラニンを放出してしまうのです。

 

ホルモンバランスが乱れてプロゲステロンが優位になるのは、妊娠のときやピルを長い間飲んでいるとき、更年期などがきっかけになることが多いです。

 

 

紫外線のダメージ

 

肝斑の根本的な原因がホルモンのバランスの乱れであっても、紫外線からのダメージが引き金となることもあります。

 

または、もともと薄く出ていた肝斑が紫外線のダメージでさらにメラニンが放出されて濃くなってしまうこともあるのです。

 

ですから、30代?40代になっても紫外線対策は続けなければいけませんね。

 

気をぬくと、急に肝斑が出てくることもあるかもしれません。

 

 

小さいシミを消す方法ってある?ちゃんと消えるの?

 

 

肝斑はクリニックでのレーザー治療や皮膚科での塗り薬、市販のスキンケア化粧品などで対策すれば、薄くできたり消すこともできます。

 

それぞれの方法によって効果や費用などが違いますので、迷っている人は一度比較しながら検討してみるといいでしょう。

 

 

レーザー治療

 

 

一番効果が高いのは、クリニックのレーザー治療です。

 

肝斑に出力の高いレーザーを照射してメラニンを減らしていく方法です。

 

しかし、レーザーは刺激がありますよね。

 

脱毛に置き換えて考えてもらうとわかりやすいと思いますが、レーザーを当てるとチクっとした痛みが少しだけあります。

 

ということは、少なからず刺激があるということなので、肝斑が逆に悪化してしまうこともあるのです。

 

けれども最近は、「レーザートーニング」という低刺激なレーザーを使った治療法が誕生しているので、肝斑を悪化させずに治療ができると評判です。

 

代表的な機器は「メドライトC6」で、特に肝斑の治療に最適だと話題になっています。

 

 

皮膚科で塗り薬をもらう

 

皮膚科では、肝斑治療のための塗り薬を処方してもらえます。

 

肝斑や肌の状態を見ながらの処方なので安全性が高いですね。

 

皮膚科で処方してもらえる塗り薬は2種類あります。

 

ハイドロキノン
美白成分で有名なハイドロキノンが配合された軟膏薬です。

 

ハイドロキノンは、私たちが普段口にしているイチゴやコーヒーなどに含まれている天然成分で強力な漂白作用を持っています。

 

美白化粧品にも含まれている有名な成分ですよね。

 

皮膚科で処方されるハイドロキノン薬には4%以上の高濃度なハイドロキノンが配合されているので効果が高いです。

 

ハイドロキノンには、メラニン生成を抑える働きとメラニンを還元して肝斑を薄くする作用があります。

 

ただし、肝斑以外のところに塗ると肌色が抜け落ちて白くなってしまう「白斑(はくはん)」という症状が出てしまうことがあるので要注意です。

 

トレチノイン(レチノイン酸)
トレチノインは、ニキビ治療薬やシワ、たるみ改善にもよく使われるビタミンA誘導体です。

 

トレチノインには、肌のターンオーバーを促進する作用があり、それによって肝斑のメラニンを排出してくれます。

 

ただし、肝斑の症状にもよりますが、トレチノインだけでは効果が出ないこともあるのでハイドロキノンと併用されることが多いです。

 

 

スキンケア化粧品を使う

 

最後に、スキンケア化粧品での対策ですね。

 

化粧品は薬ではないので即効性はあまりありませんが、地道にケアを続けることで肝斑を薄くできます。

 

肝斑に効果的なスキンケア化粧品の成分は3種類あります。

 

ハイドロキノン
皮膚科の塗り薬にも使われるハイドロキノンは、スキンケア化粧品にも配合されています。
基本的な効果は、皮膚科で処方されている塗り薬と変わりません。

 

しかし、ハイドロキノンの配合率は、化粧品の場合、3%以下と定められているので効果は緩やかです。

 

 

シムホワイト377
シムホワイト377は、最近すごく注目されている美白成分です。

 

植物由来の複合成分からできている成分で、メラニン放出を抑える「コウジ酸」の20倍以上の効果があると言われています。

 

しかし、あくまでも肝斑の予防しかできない成分なので、ハイドロキノンとの併用をおすすめします。

 

 

トラネキサム酸
皮膚科では、内服薬として処方されることが多いトラネキサム酸。

 

トラネキサム酸は、美白成分として配合されているスキンケア化粧品が多く、これも予防成分として注目されています。

 

あくまでも、メラニン放出を抑えるための成分なので、ハイドロキノン配合のスキンケア化粧品との併用をおすすめします。

 

 

 

肝斑があるだけで肌の透明感がなくなり、さらに老けた印象になってしまいます。

 

費用面も考え合わせながら、自分に合う方法で対策すれば解消できます。

 

スキンケア化粧品でも、地道にケアしていれば薄くなってくるので、是非トライしてみてくださいね。




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら