シミをレーザーで治療してもまた出てくる?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

シミをレーザーで治療してもまた出てくる?

シミをレーザー治療でしっかり消したのに、時間の経過とともにまた濃くなってきたという方もいらっしゃいます。

 

シミの種類にもいろいろあり、その中でもレーザー治療が有効ではない肝斑(かんぱん)が原因であることが挙げられます

 

左右対称に広がるシミで紫外線に当たると悪化する傾向にあるので、「濃くなった」という気持ちが強くなるのかもしれません。

 

またシミのレーザー治療後は日差しを浴びてはいけません。

 

紫外線を浴びることでシミを作るメラニン色素がまた集中してしまいシミができやすい肌になってしまいます。

 

レーザー治療後は日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策を行いましょう。

 

 

 

このようにレーザー治療が無効であるシミがあったり、アフターケアの不十分さでもシミが濃くなってしまいますが、レーザーでシミを消してもまた浮き上がってくると感じる方の大半は、「炎症後色素沈着」と呼ばれる状態であることがほとんどです。

 

炎症が治りかけた時に発生する茶色い跡ですが、レーザー治療をした後にも発生するため「シミが濃くなった」などと感じるようです。

 

色素沈着は肌のターンオーバーに応じて自然に色が消えていきますので安心してくださいね。

 

 

 

炎症後色素沈着の状態で茶色い痕跡が残った場合、薬物治療でいち早く直すことができます。

 

代謝を高めるビタミン剤の内服や、美白効果がある成分の外用薬での治療などが併用されます。

 

この炎症の色素沈着の状態は数か月かけてゆっくりと治っていきますのであせらず治していきましょう。

 




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら