シミを消す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

シミを消す方法

顔のシミを消す方法を知ることで、ある程度自分のコンプレックスを打開することができます。

 

一つは美容外科での医療用レーザー照射による治療です。

 

さまざまな種類のレーザーがありますのでシミをピンポイントで消すことができます。

 

後はフォトフェイシャルやケミカルピーリングなどで代謝を促し肌のターンオーバーを目指す方法もシミを消す一つの方法です。

 

後はコスメによるシミのケアが挙げられます。

 

 

 

コスメでのケアはコンシーラーなどメイクで「隠す」方法がこれまでの主流でしたが、今ではビタミンC誘導体やコラーゲンの力で肌のターンオーバーを促すアンチエイジング処方の化粧品や医療用成分としてこれまで使われてきた肌の漂白成分のハイドロキノン配合の美白化粧品等を使うことが推奨されるようになりました。

 

これらの方法でもデメリットはもちろんあります、レーザー治療をする場合、色素沈着や後遺症でシミがひどくなってしまうリスクもあります。

 

また費用が高いという大きなハードルもあります。

 

 

 

化粧品は一番身近な方法で、簡単にシミを消すことができますが、ご自身の肌質に合わない化粧品を遣うことでシミを増長させてしまう危険性も否めません。

 

年齢に見合った美白コスメも多く販売されていますので、ご自身の肌に合わせた化粧品を利用しましょう。

 

またレーザー治療を受ける場合は、信頼できるクリニックで入念なカウンセリングを受けたのちにお手入れを始めることをおすすめします。

 

 

 

 

-------------------------------------
7.シミの皮膚科での治療法

 

シミの治療は皮膚科では得意としている分野です。

 

皮膚科ではシミの原因を探り、そのシミに合った丁寧な治療法を提案してくれます。

 

ケミカルピーリングで古くなった角質を取り除き代謝を促す方法の他、レーザー照射・イオン導入などの治療でシミがキレイになっていきます。

 

 

 

またこのシミの原因が肝斑(かんぱん)だったり、代謝の遅れなどが原因になっている場合は内服でターンオーバーを促したりすることもあります。

 

高濃度ビタミンCの点滴や美肌に良いとされている栄養成分を点滴する方法もありますので、その時の肌の状態やシミの状態に応じて治療法を医師に見極めてもらいましょう。

 

皮膚科でシミ治療を行う際は何度か通う必要がある治療もありますが、レーザー等は1〜2回程度の通院で終了することがほとんどです。

 

体の不調で肌の調子が悪い時でも点滴治療を受けることで肌だけではなく体も元気になることがあります。

 

 

 

医療用レーザーはさまざまな種類があるので、病院によっては対応が変わってくることもありますが、麻酔クリームを塗布してワンショット照射で治療が終わることがほとんどです。

 

まずは治療を希望する皮膚科でカウンセリングを受けられることをおすすめします。

 

カウンセリングを経て体質や肌質、シミの原因別にみあった治療法を提案してもらうことができます。

 

費用面に関する話等も受け納得できれば治療を開始するとよいでしょう。

 

費用面で工面することができない場合でも、医療ローンなどがありますので利用の相談をすることをおすすめします。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら