美白成分一覧|厚生労働省が認める医薬部外品成分はこれ



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら



美白成分一覧|厚生労働省が認める医薬部外品成分はこれ記事一覧

シミを消す美白成分の代表格といえば、やっぱりハイドロキノンですね!最近は単なるハイドロキノンから発展したメーカー独自の新安定型ハイドロキノンやハイドロキノンEXなど、いろんなハイドロキノンが開発されています。どれもこれも、シミにアプローチするハイドロキノンで、できてしまったシミを薄くしてくれます。今回は、そんなハイドロキノンの効果や副作用...
詳細を見る
皮膚科医師が処方するハイドロキノンクリームに関しては「効果が高い」と言われていますが、その濃度は5%〜10%と高濃度であることが多いようです。ハイドロキノンは濃度が高いほど効果を発揮できる物質ですが、その分肌へ対しての影響も高いと言われています。ちなみに化粧品は2%以下のものが多いです。ハイドロキノンの副作用高濃度ハイドロキノンを塗った部...
詳細を見る
美白成分はハイドロキノンだけではありません。ハイドロキノンの配糖体のアルブチンや定評のビタミンC誘導体、アスタキサンチンなどもあります。中でもアルブチンは、ハイドキノン並みの美白効果をゆっくりと得られるのに、低刺激で安心して使えるのがメリットだと話題になっています。今回は、そんなアルブチンについて詳しくお話しします。アルブチン配合のおすす...
詳細を見る
ビタミンC誘導体とは、体の中で酵素と反応することによってビタミンCと変化する物質です。体内ではなかなか吸収されにくいビタミンCですが誘導体として体に取り込むことで効率的にビタミンCを摂取することができます。また強力な抗酸化作用があるビタミンCですが、不安定な物体で破壊されやすいので高濃度のビタミンCを摂取しても体内に残るのはほとんどないと...
詳細を見る
ルシノールは大手化粧品会社POLAが開発した美白成分です。加齢によって引き起こされる皮膚の黒ずみや糖化減少によって引き起こされる黄ばみから起こる肌の濁りを打ち砕くための成分です。ルシノールは、メラニンのもとであるチロシナーゼを活性化を抑制します。メラニンのもとであるチロシンとチロシナーゼが結合する前にルシノールがチロシナーゼと合体しますの...
詳細を見る
プラセンタエキスとは胎盤から抽出されたエキスで妊娠中の哺乳類のメスにしか存在しません。プラセンタエキスには細胞を活性化させたり、血行を促進させる効能の他、抗酸化作用もありますのでアンチエイジングを目的とした美白作用があることが実証されています。ぷっくりと膨れてしまったニキビ跡も少しずつ治していくことができますのでお勧めです。プラセンタエキ...
詳細を見る
リノール酸とは私たちの体に生成に欠かせない必須脂肪酸です。不飽和脂肪酸の一種とされており健康のためにはリノール酸が欠かせない存在となっています。この成分にはビタミンE豊富に含まれており、植物油やナッツ類に多く含まれています。リノール酸は保湿・ニキビに対する抗炎症作用に強い効果を発揮します。乾燥肌によって起こる大人ニキビやニキビ跡等の修復に...
詳細を見る
エラグ酸とは、天然フェノール系の抗酸化物質の一つです。主にベリー類に含まれています。抗酸化性が高い物質なので、健康に良いと言われている成分の一つです。抗酸化物質ですので、美肌効果にも優れており、メラニン色素の生成を抑制する効果があります。エラグ酸は体内のさびを取る効果や毒素排出(デトックス)効果もありますので、エラグ酸を摂取することで肌が...
詳細を見る
最近は、いろんな化粧品メーカーから独自の美容成分が誕生していますね。昔からある美容成分の足りないところを改善するために生み出された独自成分ばかりで、化粧品の効果は年々上がって来ていると肌で実感しています。カモミラETもその一つの成分で、厚生労働省認可の医薬部外品の美白成分です。今回は、カモミラETの効果や副作用、花王との関係性についてお話...
詳細を見る
2002年に「医薬部外品の有効成分」として厚生労働省の承認を受けた成分が「t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)」です。美白・肌荒れ防止の2つの効果を併せ持つ優れ物の成分です。大手化粧品メーカーが開発し、現在では美白系化粧品に応用されています。t-AMCHAは、「紫外線を浴びたのでメラニンを生成せよ」と情報を伝える物質でもある「プロス...
詳細を見る
トラネキサム酸とは、「抗プラスミン薬」と呼ばれており、止血作用等を持っています。プラスミンの働きを抑制しアレルギーや炎症反応を鎮める薬として使用されています。風邪薬やアレルギー薬などに使用されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。このトラネキサム酸は、美白化粧品としてシミの治療にも用いられています。しみの中でも特に「肝斑(かんぱ...
詳細を見る
コージ酸は麹由来の複素環化合物です。抗菌作用があることも分かっています。美白化粧品に用いられている成分の一つで、メラノサイトに作用してチロシナーゼの活性や合成を阻害、メラニン生成を抑制する働きを担っています。新しいシミを作らせない、できてしまったシミを薄くするという二つの働きを担っていますので、年齢肌のシミ・くすみにおすすめです。コージ酸...
詳細を見る
ピュールブランとは、ブドウ糖結合型ビタミンC、植物由来の成分リキリチン、桑黄抽出液からでき上がった成分です。美白に絶大な効果が実証されています。三省製薬が開発した美白成分で、デルメッドに配合されています。シミの原因であるメラニンを生成するメラノサイトに作用しメラニンが作りだされる前に、メラニン生成をブロックする働きを持っています。ピュール...
詳細を見る
マグノリナンは大手化粧品メーカーが開発した美白成分です。マグノリナンは、ホオノキに含まれる成分から抽出したものです。医薬部外成分として厚生労働省に認められました。植物由来成分ですので安全性も高く安心して使用することができます。マグノリナンの薬効はチロシナーゼの成熟を阻害する働きを持っている点です。シミの原因となる成熟型チロシナーゼの量を減...
詳細を見る
美白化粧品といえば、ビーグレン、ドクターシーラボが有名ですね。そちらの美容クリームにも、シムホワイト377(フェニルエチルレゾルシノール)というシミ予防にかなり効果的な美白成分が入っています。シミ予防に関しては、ハイドロキノンやアルブチンなどより、かなり高い効果を持っているのに低刺激なシムホワイト377は、注目を集めている美白成分の一つで...
詳細を見る