ハイドロキノン配合化粧品でシミは消える?効果と副作用を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ハイドロキノン配合化粧品でシミは消える?効果と副作用を徹底解説

 

シミを消す美白成分の代表格といえば、やっぱりハイドロキノンですね!

 

最近は単なるハイドロキノンから発展したメーカー独自の新安定型ハイドロキノンやハイドロキノンEXなど、いろんなハイドロキノンが開発されています。

 

 

どれもこれも、シミにアプローチするハイドロキノンで、できてしまったシミを薄くしてくれます。

 

今回は、そんなハイドロキノンの効果や副作用についてお話しします。

 

 

→ハイドロ化粧品ランキングはこちら

 

 

 

 

ハイドロキノンってなに?

 

肌の漂白剤と言われるほどの強力な美白効果を持ったハイドロキノンは、副作用も心配されていますね。

 

それもあって、化学合成成分のように思われてしまうことが多いようです。

 

 

でも、ハイドロキノンはイチゴやコーヒー、紅茶などにも含まれている天然の成分なのです。

 

イチゴを頻繁に食べると、歯が白くなるという話を聞いたことがありませんか?

 

それは、イチゴにハイドロキノンが含まれているからなのです。

 

 

ハイドロキノンは、昔から食品にも含まれる美白効果がある天然成分としてよく知られていました。

 

配合量が多く、効果が強すぎるハイドロキノンは、副作用でアレルギーが起こることもありますが、もともとは食品にも含まれているので安全です。

 

そのため、ハイドロキノンは海外でも国内でも、シミの治療薬として医療業界で使われてきました。

 

医療業界でしか使われなかったハイドロキノンですが、日本では2001年より配合量を下げて化粧品にも配合されるようになりました。

 

 

ハイドロキノンのメリットは?

 

ハイドロキノンのメリットは何なのか?ここで、おさらい的にまとめてみますね!

 

 

美白効果が高い

ハイドロキノンの最大のメリットは、美白効果が高いことです。

 

シミを防止するだけではなく、できてしまったシミを薄くする効果もあります。

 

 

レーザー治療なしでシミが消える?

ハイドロキノン化粧品が登場するまでは、皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームか、レーザー治療でしかシミが消えませんでした。

 

それが、化粧品で対策できるようになったのでセルフケアが可能になったのです。

 

 

 

ハイドロキノンの効果。できてしまったシミは消えるのか?

 

ハイドロキノンには、シミを消す、または薄くする効果があります。

 

効果がありすぎて、肌色まで白く抜ける副作用まであるほどです!

 

 

その効果を具体的に数字で表すと、同じく美白成分で人気のアルブチンやコウジ菌の約10倍?100倍程度の威力です。
これは、すごいですよね?!

 

 

ハイドロキノンは、次のようなメカニズムでシミにアプローチします。

 

 

・シミの原因となるメラニン色素の生成の指令をストップする
・メラノサイトでのメラニン生成を防止する
・肌にメラニン色素が沈着するのを防ぐ
・すでに色素沈着したメラニン色素を還元してシミを薄くする

 

 

このようにシミを防止したり、シミを薄くする効果があり、美白成分の中で最も注目されているのです!

 

 

 

ハイドロキノンの副作用。化粧品で白斑はできる?

 

ハイドロキノンは、確かにシミに効果的ですが、副作用もあります。
どんな副作用があるのか?を見ていきましょう。

 

 

肌荒れを起こす

 

ハイドロキノンの濃度が濃すぎると、刺激が強すぎて肌荒れを起こす可能性が高いです。
また、ハイドロキノンは空気に触れると酸化して毒性が強くなるというリスクがあります。

 

ハイドロキノンで肌がヒリヒリしたり、赤くなったりしたら、必ず使用をすぐにやめましょう。

 

 

白斑ができる

 

白斑はハイドロキノンで皮膚が白くなりすぎで起こる白い斑点のことです。

 

美白にも限度があります。
美白を通り越して、白斑ができてしまうとシミと同じくらい目立つので大変です!

 

 

シミの色を作っているメラニン色素はメラノサイトから放出されていますが、ハイドロキノンの効果が強すぎるとメラノサイト自体がなくなったり、機能が低下してしまいます。

 

つまり、それによってメラニン色素が作られなくなり皮膚の肌色を作るのも難しくなるため、白い斑点になってしまうのですね。

 

 

化粧品では白斑はできない

 

安心してください。

 

ハイドロキノン化粧品で白斑ができることはありません。

 

 

ハイドロキノンの効果が強すぎると、確かに白斑のリスクは高まりますが、配合率が低いハイドロキノン化粧品では白斑はできないのです。

 

具体的には、ハイドロキノンの配合率が4%未満であれば大丈夫なので、配合率が4%までと定められているハイドロキノン化粧品なら安心です。

 

 

ハイドロキノン配合化粧品の選び方

 

2001年から日本でも、配合率が4%以下ならハイドロキノン化粧品を製造・販売してもいいと厚生労働省が定めました

 

それから現在まで、ハイドロキノン化粧品の数は増え続けているので、どれを選んでいいのかがわかりにくいと思います。

 

 

ハイドロキノンの配合率が4%以下なのは同じであっても、化粧品によって特徴は違います。

 

特徴の違いによって効果も違ってくるので、できるだけシミを効果的に消すためにも、ハイドロキノン配合化粧品の選び方を押さえておきたいですね!

 

ここで、ハイドロキノン配合化粧品の選び方の3つのポイントをご紹介します。

 

 

ハイドロキノンが酸化しないように工夫されている

ハイドロキノンの欠点は、空気に触れると酸化して刺激が強くなることです。

 

しかし、肌に塗る限りは酸素に触れて酸化して当然なので、製造段階でハイドロキノンを酸化させない加工を施さなければいけません。

 

 

人気のハイドロキノン配合化粧品は、ハイドロキノンが酸化しないように工夫されているものばかりです。

 

 

浸透力が優れている

最近は、ハイドロキノンだけではなくコラーゲンやセラミドなどの美容成分の全般的に浸透力にこだわって製造されている化粧品が多いです。

 

美容成分の配合率が高くても、浸透力があまりなければ、肌の表面にとどまったままで吸収されなくなるので無意味なのですね。

 

 

ハイドロキノンも配合率が高ければ効果があるのか?といえば、そうとは限りません。

 

 

配合率が4%ギリギリでも、浸透力がなければ肌に刺激を与えるだけの刺激物となって、最悪の場合、肌荒れするケースもあります。
実は、私も以前、ハイドロキノンが配合された化粧水で肌荒れを起こしました。

 

 

頬のシミが気になったので、安いハイドロキノン配合化粧水を購入してみたのですね。

 

配合率は3%だったので、そこそこ多い感じでしたが、浸透力にこだわった化粧水ではなかったからなのか・・・肌が赤くなって荒れてしまいました。

 

 

逆に、ハイドロキノンの配合率が低くて浸透力がある化粧品の方が、肌に刺激を与えずに効果もあるのでおすすめです。

 

 

ドクターズコスメがおすすめ

 

ハイドロキノンは、間違えると肌荒れや白斑などに発展する恐れがあるので不安ですね。

 

その不安を解消してくれるのが、クリニックや医師などの監修のもと製造販売されているドクターズコスメです。

 

 

ドクターズコスメなら、普段から医療の現場でハイドロキノンを使用している医師の知識や理論のもと、製造されているので安心して使えます。

 

 

ハイドロキノン配合化粧品を使用するときの注意点を押さえておこう!

 

ハイドロキノン配合化粧品を選んだら、今度は使い方にも注意していきましょう。

 

ハイドロキノン配合化粧品の使用上の注意点は次の通りです。

 

 

パッチテストをすること

初めてハイドロキノン配合化粧品を使う人は特に、一度パッチテストを行なってから本格的に使うようにしましょう。
酸化防止や配合率が低いハイドロキノン化粧品であっても、肌荒れすることがあります。

 

パッチテストをしてからなら、安心して使えますね。

 

 

使用期限を守ろう

ハイドロキノンは酸化しやすいので、開封後は使用期限内に使ってしまわなければ、劣化してしまいます。

 

劣化すると、効果も落ちるので、使用期限を守って使いましょう。

 

 

紫外線対策を忘れずに

ハイドロキノンが肌に浸透している状態で、紫外線を浴びるとシミが濃くなります。

 

ハイドロキノン配合化粧品を使う場合は、いつもよりも入念に紫外線対策をしましょう。

 

ハイドロキノン配合のおすすめの化粧品はコレ!

 

ハイドロキノンが配合されたシミ対策用の化粧品はたくさんあります。

 

その中でも人気なのが、「アンプルール コンセントレートHQ110」と「ビーグレン Qsomeホワイトクリーム1.9」です。

 

どちらの化粧品にも、ハイドロキノンが配合されていて浸透力や酸化の面で、趣向が凝らされています。

 

どちらにも、すごく興味があったのでトライアルで使ってみました。
その感想も含めて書きますね!

 

 

アンプルール コンセントレートHQ110

 

 

アンプルール コンセントレートHQ110は、アンプルールのラグジュアリーホワイトのラインの中のスポット美容液です。

 

気になるシミの部分にスポット的に塗れる重めのテクスチャーの美容液です。

 

重めなので、シミをしっかり包み込んでくれる感じですが、浸透力があるのでクリームのようなベタつきはありません。

 

 

アンプルール コンセントレートHQ110には、新安定型ハイドロキノンが配合されています。

 

 

酸化などで機能が不安定になるハイドロキノンを独自の技術によってマイクロカプセル化して安定させたものが新安定型ハイドロキノンです。

 

酸化成分としてはBCADCが配合されていて、マイクロカプセル化によって肌にじわじわ浸透して一気に触れずに低刺激です。

 

 

ハイドロキノンの配合率は2.5%と、高くもなく低くもない配合率ですが、敏感肌でも使えるハイドロキノン配合化粧品としてかなり人気の美容液です。

 

 

 

 

 

 

ビーグレン Qsomeホワイトクリーム1.9

 

ハイドロキノン配合化粧品でシミは消える?効果と副作用を徹底解説

 

ビーグレン Qsomeホワイトクリーム1.9は、エイジングケア化粧品で有名なブランドのビーグレンから製造・販売されているハイドロキノン配合化粧品です。

 

ビーグレンでお馴染みのQsome(キューソーム)という独自の技術で、配合されているハイドロキノンの酸化を防止しながら、グングン浸透していく構造になっています。

 

Qsome(キューソーム)は、肌にあるラメラ構造と同じ構造で出来たカプセルをナノ化した技術で、それによりかなりの浸透力があります。

 

奥深くのメラノサイトまで、じっくりと届いていることを肌で感じました。

 

ハイドロキノンの配合率は、なんと1.9%で低めですが、浸透力が優れているので4%配合のハイドロキノン化粧品と同じくらいの威力があると好評です。

 

 

 

 

 

まとめ

効果が高いだけに副作用も心配されるハイドロキノンですが、最近は、酸化防止や浸透力に関する独自の技術で優しく浸透してシミにアプローチする化粧品が続々リリースされているので、安心して使えます。

 

選び方をしっかりマスターして、頑固なシミを少しずつ消していきましょう!




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら