シムホワイトの効果と副作用は?おすすめの化粧品はコレ!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

シムホワイト377ってどうなの?

美白化粧品といえば、ビーグレン、ドクターシーラボが有名ですね。

 

そちらの美容クリームにも、シムホワイト377(フェニルエチルレゾルシノール)というシミ予防にかなり効果的な美白成分が入っています。

 

シミ予防に関しては、ハイドロキノンやアルブチンなどより、かなり高い効果を持っているのに低刺激なシムホワイト377は、注目を集めている美白成分の一つです。

 

今回は、シムホワイト377の効果や副作用、オススメの化粧品についてお話しします。

 

 

シムホワイト377って何?

シムホワイト377は、香水や化粧品などを幅広く扱うドイツのシムライズ社が植物由来の成分から開発した独自の美白成分です。

 

シムホワイト377が使われている美白化粧品は、日本ではビーグレンとドクターシーラボだけなので、かなり厳選された美白成分です。

 

 

そんなシムホワイト377のメラニン抑制効果は、ハイドロキノンの2100倍、アルブチンの7000倍、コウジ酸の20倍以上の美白効果があるのです!
想像がつかないほど、すごい美白効果ですよね。

 

ビーグレンとドクターシーラボの美白化粧品は、かなり評判がいいですが、それはシムホワイト377が配合されているからなのかもしれません。

 

 

ハイドロキノンとの違いは?シムホワイト377の美白効果のメカニズム

 

ハイドロキノンというと肌の漂白剤なので「シミが消える美白成分」で認識していますよね。

 

でも、シムホワイト377はシミを消す美白成分ではなく、シミを予防する美白成分なのです。

 

 

なので・・・残念ながらハイドロキノンのように「シミを消す」効果は期待できないのですね。

 

シムホワイト377のメラニン抑制効果は、ハイドロキノンの2100倍、アルブチンの7000倍、コウジ酸の20倍以上だと言いました。

 

でもこれは、シミを予防する効果の倍率なのです。

 

 

結論として、シムホワイト377はしっかりとシミ予防対策できる美白成分なので、日々の予防対策に活用したいですね。

 

 

 

シムホワイト377のメリットとデメリット

 

シムホワイト377は、厳選された化粧品にしか使われていないので、メリットばかりの成分のように思えますが、実はデメリットもあります。

 

私は、いろんな美白成分を比較して来た中で、それぞれの成分のメリットとデメリットを見極めてから美白化粧品を選ぶことにしました。

 

 

メリットだけではなくデメリットを知るのも、すごく大事です。

 

シムホワイト377のメリットとデメリットは、この通りです。

 

 

メリット

シムホワイト377の最大のメリットは、

 

・しっかりとシミ予防ができる
・肌に優しい

 

の2点あります。

 

 

美白成分には、大きく分けると3つのタイプがあります。

 

  1. 漂白タイプ
  2. 予防タイプ
  3. 抗酸化タイプ

 

 

シムホワイト377は、この中の予防タイプになります。

 

予防タイプの他の美白成分で有名なのがコウジ酸です。
今までは、予防タイプの美白成分の中でコウジ酸が一番効果が高かったのですが・・・シムホワイト377は、その20倍以上の効果があります。

 

予防タイプの美白成分としては最強の成分で、肌に優しい点も外せないメリットです。

 

 

 

デメリット

 

シムホワイト377のデメリットは、

 

・できてしまったシミにはあまり効果がない
・低刺激なだけに効果が出るのが遅い

 

 

の2点です。

 

メラニン色素を抑制してシミを防止する効果はかなり高いシムホワイト377ですが・・・即効性がないのと、すでにあるシミにはあまり効果がないのが難点です。

 

ですから、できてしまったシミで困っている場合は、シムホワイト377は選ばない方がいいです。

 

 

シムホワイト377の副作用は大丈夫?

シムホワイト377は、植物由来の成分から作られた美白成分なので刺激が少なく副作用はほぼありません。

 

敏感肌でも使える美白成分としてもよく知られていますし、だからこそ即効性に欠けるのですから・・・安全です。

 

でも、これも相性があります。

 

肌と成分が合わないケースももちろんあるので、パッチテストをしてから使用を始めましょう。

 

 

シムホワイト377配合のおすすめ化粧品は?

 

シムホワイト377が配合された化粧品は、ビーグレンとドクターシーラボだけです。

 

 

この2つの化粧品のすごいところは、他の美白成分や技術を加えることで、さらに美白効果を高めている点です。

 

単純に、シムホワイト377が配合されているからすごい!という美白化粧品ではないのですね。

 

それでは、ビーグレンとドクターシーラボの美白シリーズ化粧品をご紹介しますね。

 

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

 

ビーグレンの美白化粧品の中でシムホワイト377が配合されているのは、QuSomeホワイトクリーム1.9という美容クリームだけです。

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9は、シムホワイト377とハイドロキノンのWパワーでシミを予防・解消できる美容クリームです。

 

 

心配されるハイドロキノンの配合率は、たったの1.9%なのにメラニン色素還元の効果が高いのは、ビーグレン独自のQuSome(キューソーム)という浸透技術が採用されているからです。

 

酸素や熱に触れると不安定になるハイドロキノンは、十分に効果を発揮できなかったり、副作用を繰り返して来ました。

 

しかし、QuSomeの技術で奥深くまで浸透できるようになったので、ハイドロキノンの配合率を下げても効果が得られる美容クリームが完成したのです。

 

 

抗酸化作用が高いピュアビタミンCの配合も美白効果をアップする要因になっています。

 

ビタミンC誘導体よりも浸透率が高いピュアビタミンCは、シムホワイト377とハイドロキノンとともに、パーフェクトな美白対策をしてくれます。

 

塗った瞬間、スーッと浸透していく感触でQuSomeのすごさを感じました。

 

 

トライアルセットがあるので、美白化粧品を探している方は一度使ってみてください。
おすすめですよ。

 

 

 

 

ドクターシーラボ スーパーホワイト377VC

 

シムホワイト377の効果と副作用は?おすすめの化粧品はコレ!

 

ドクターシーラボ スーパーホワイト377VCは、ドクターシーラボの美白化粧品の中の美容クリームです。

 

シムホワイト377と高浸透型ビタミンC誘導体をプラチナコロイドに結合させた独自成分Nano W377、フラーレンなどの上質な美容成分と融合させた美白効果が高い美容クリームです。

 

 

シムホワイト377は予防タイプの美白成分、Nano W377はビタミンC誘導体は元になっているので抗酸化タイプの美白成分になります。
抗酸化タイプの美白成分にも、できてしまったシミを薄くする効果があります。

 

しかも、ビタミンC誘導体よりもはるかに浸透力が高いNano W377を使っているので、できてしまったシミにも効果的な美容クリームです。

 

使い続けるほどの、透き通るほど真っ白な肌になる!と話題でくすんだ肌も艶めく肌へと変わっていけるはずです。

 

 

 

まとめ

今後の10年先も真っ白な肌でいたいなら、シミやくすみの予防にシムホワイト377がおすすめです。

 

ビーグレンかドクターシーラボだけに配合されている美白成分ですが、特にビーグレンはトライアルキットがあるので、気軽にお試しできておすすめです。

 

 




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら