t-AMCHAの効果と副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加  

t-AMCHAの効果と副作用

2002年に「医薬部外品の有効成分」として厚生労働省の承認を受けた成分が「t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)」です。

 

美白・肌荒れ防止の2つの効果を併せ持つ優れ物の成分です。

 

大手化粧品メーカーが開発し、現在では美白系化粧品に応用されています。

 

t-AMCHAは、「紫外線を浴びたのでメラニンを生成せよ」と情報を伝える物質でもある「プロスタグランジン」の生成を抑制します。

 

それでメラニンを作り出す指令を止めさせる働きを持っています。

 

また、肌荒れを引き起こす物質・たんぱく質分解酵素のプラスミンの生成を抑えて肌荒れを防止する働きもあります。

 

 

 

医薬部外品の有効成分として、メディカルな化粧品等に使用されています。

 

敏感肌の方、荒れ症の方の肌に合う化粧品として商品展開が期待できます。

 

このt-AMCHAという物質、動物や植物の生態成分として欠かせない「リン脂質」で、水や油にも溶ける天然系の界面活性剤としても知られています。

 

大豆や卵黄から抽出されているのだそうです。

 

天然界面活性剤は肌に悪影響を及ぼしませんので安心してお使いいただけます。

 

 

 

今のところt-AMCHAは、開発した大手化粧品メーカーの化粧品にしか配合されていませんが、t-シクロアミノ酸誘導体として特許が認められればさまざまなメーカーから敏感肌用・メディカルコスメ・ドクターズコスメの美白ライン化粧品として販売されることでしょう。

 

これからの美白専用コスメの商品展開に期待したいところです。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら