妊娠中はハイドロキノンは使っちゃダメなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠中はハイドロキノンは使っちゃダメなの?

妊娠中にハイドロキノンの使用はNGとされています。

 

ホルモンバランスが不安定な妊娠中の女性は、ハイドロキノンの副作用でシミが増幅したり、皮膚がただれたりすることもあります。

 

妊娠するとホルモンの影響でシミが濃くなってしまったり新しいシミが浮き上がるなどでナーバスになってしまうことも多々あります。

 

できたばかりのシミはハイドロキノンで叩くことが有効ですので是非使いたい!と考えるマタニティママも増えています。

 

 

 

従来型のハイドロキノンは性状が不安定だったため変質しやすく皮膚に悪影響を及ぼしてしまう商品もありましたが、アンプルールという美白化粧品に使用されているハイドロキノンは安定型の新しいタイプを利用しています。

 

安定型ハイドロキノンは、変性することもありませんので、妊娠中のセンシティブな肌でも副作用を引き起こすことがありません。

 

また、配合されたハイドロキノンの濃度にも着目しましょう。

 

妊娠中だけは1〜2%の低濃度のハイドロキノンにとどめておき、高濃度の商品は出産後、体が落ち着いてから使用しましょう。

 

低濃度であれば、副作用が起こるリスクも最小限にとどめることができます。

 

 

 

妊娠中はシミを打ち消すコスメを使用することもアリですが、できれば紫外線対策に注力すること、肌の保湿をしっかり行うことを優先させましょう。

 

肌が敏感になっていますので紫外線の攻撃を受けやすくなるため保湿・紫外線対策の合わせ技で新しいシミを作ることを避けましょう。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら