美白化粧品って妊娠中も使える?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

美白化粧品って妊娠中も使える?

美白化粧品はもちろん妊娠中でも使用することができます。

 

妊娠中の肌はとてもセンシティブでホルモンバランスが不安定な状態です。

 

紫外線の攻撃を直接受けやすい状態にもなりますので美白化粧品や日焼け止めを使って優しくケアしましょう。

 

美白化粧品を使用する場合は、予防型の「新しいシミを作らない」機能を持たせた化粧品を使うことがおすすめです。

 

化粧の匂いが苦手という方は、無香料・無添加のミネラルBBクリームとミネラルファンデーションを使って紫外線対策を行いましょう。

 

美白基礎化粧品との合わせ技で妊娠中のシミができる悪循環を断ち切る事ができます。

 

 

 

妊娠中に使用してはいけない美白成分もあります。

 

シミを漂白させる機能を持たせた「ハイドロキノン」は妊娠中のセンシティブな肌にはお勧めできません。

 

薬やけのようなくすみが発生してしまったりと肌に悪影響を及ぼすことがあります。

 

低濃度のハイドロキノン美白化粧品でも出産後、体が落ち着く頃まで使用を控えることが一番です

 

妊娠中だからといって、基礎化粧を怠ってはシミやそばかすを作ってしまう好環境を整えてしまうだけです。

 

お手持ちの美白化粧品を使って丁寧に基礎化粧を行うだけでもシミを作らない肌を作ることができますよ。

 

関連記事:妊娠中はハイドロキノンは使っちゃダメなの?

 

 

妊娠によっていつもの化粧品が肌に合わなくなったという方は、敏感肌用の美白化粧品を使用しましょう。

 

トライアルセットを取り寄せてみて、肌とのフィーリングを確認してから使い始めるとよいですね。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら