シミができる原因とは

シミができる原因とは

シミができる原因はいくつかあります。

 

最大の原因は紫外線です。

 

紫外線から肌を守ろうとメラニン色素が反応し集中します。

 

集中したメラニン色素の部位の角質が厚くなるためにシミが浮き上がったように感じます。

 

次にあげられるのは、老化現象です。

 

コラーゲンの生成が止まった肌は乾燥を招いてしまいます。

 

乾燥肌になれば残されたコラーゲン成分が変質してしまい茶色く固まった状態になってしまいます。

 

このような状態を糖化と呼び、肌のくすみやシミを招いてしまいます。

 

 

 

老人性のシミ等は加齢・肌の糖化が原因で起こります。

 

このほかにはストレスによるものが挙げられます。

 

ストレスを感じてしまうと血流が滞りがちになってしまいます。

 

血流が滞ってしまったことで、免疫力が低下し肌の防御システムが低下してまいます。

 

低下したことによって紫外線等の攻撃を受けやすい肌になってしまいます。

 

これに並行してホルモンバランスの乱れ・自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、メラノサイト(メラニン細胞・色素細胞)が増殖してしまい容易にシミのできやすい肌になってしまいます。

 

 

 

ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れは更年期世代の方に多く起こりがちです。

 

年齢肌だからとあきらめることなく、美白を意識した化粧品を使用したり、普段の生活を少し気をつけるだけでも健やかな肌を保つことができます。

 

ポリフェノールを摂取する、メラノサイトに直接作用する成分を使用した化粧品・シミをなかったことにする化粧品等を使って悩みを回避しましょう。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら



シミができる原因とは記事一覧

シミができる原因として女性ホルモンの分泌異常が挙げられます。女性ホルモンにはメラニン色素の増殖を司るものがあり、自律神経の乱れなどで女性ホルモンのバランスが乱れてしまうとメラノサイト(色素細胞・メラニン細胞)が増殖しやすい状態になり、シミができやすい肌に傾いてしまいます。黄体ホルモン(プロゲステロン)がメラニン色素の増殖を司っています。加...
詳細を見る
シミの原因にはストレスや睡眠不足も考えられます。強いストレスは体の血流を滞らせてしまいますので代謝が落ちてしまいます。肌のターンオーバーが滞ってしまい、シミだけではなく肌のくすみが認められるようになります。また免疫力の低下によって皮膚が紫外線からの攻撃を容易に受けやすくなる等が指摘されています。肌荒れなども強まりますので気持ちが塞いでしま...
詳細を見る
ニキビ跡や吹き出物の炎症がシミを招いてしまうことがあります。厳密にいえばシミというより「色素沈着」であることがほとんどです。炎症が強くなってしまうと皮膚が硬くなって赤くなってしまったり、茶色くなってしまう状態を指します。赤ニキビをいじってしまったり白ニキビをつぶしてしまうことで傷跡になり治りにくくなってしまいます。赤黒くなってしまう跡もあ...
詳細を見る
加齢でも容易にシミができてしまうことは、美容に詳しい方であればご存知の事でしょう。年齢を重ねることによって肌の代謝(ターンオーバー)が滞りがちになります。また皮膚が乾燥しがちになりコラーゲンやセラミドの量が減ってきます。体内で生成されるコラーゲンの量もピークを過ぎてしまい、減少の一途をたどるようになりますので肌のハリもなくなってきます。タ...
詳細を見る
紫外線はシミを作り出す一番大きな原因です。主に「光老化」と呼ばれています。私たちの皮膚の中には、メラノサイト(色素細胞・メラニン細胞)が存在します。メラノサイトが紫外線と結合することでメラニン色素を作りだします。シミを作り出すものと嫌われるのですが、本来は肌を紫外線の害から守るための防御反応なのです。メラニン色素が過剰に生産されてしまうこ...
詳細を見る