ニキビ跡や吹き出物などの炎症によるシミの改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ニキビ跡や吹き出物などの炎症

ニキビ跡や吹き出物の炎症がシミを招いてしまうことがあります。

 

厳密にいえばシミというより「色素沈着」であることがほとんどです。

 

炎症が強くなってしまうと皮膚が硬くなって赤くなってしまったり、茶色くなってしまう状態を指します。

 

赤ニキビをいじってしまったり白ニキビをつぶしてしまうことで傷跡になり治りにくくなってしまいます。

 

赤黒くなってしまう跡もあり鏡を見るたびにめげてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

またニキビ跡で皮膚が厚くなった部分にメラノサイトが増えてしまい紫外線の攻撃でシミができてしまうことも考えられます。

 

 

 

ニキビ跡の色素沈着を防ぐためには、患部を清潔に保つことが大切です。

 

また保湿を入念に行うこと皮膚が厚くなったり、硬くなることを防ぎシミができにくくなります。

 

できてしまったニキビ跡等の色素沈着は皮膚のターンオーバーを正常に保つことでいち早く消えていきます。

 

ターンオーバーを正常に保つためにおすすめしたいのは、ビタミンCを意図的に摂取することです。

 

 

 

美白化粧品を使用する場合は、肌の中でビタミンCとなる「ビタミンC誘導体」配合の化粧水等を利用します。

 

水溶性のビタミンC誘導体の方が美白分野では効果が高いとされており、その中でも「APPS」と呼ばれる高濃度ビタミンC誘導体を採用している化粧品を利用しましょう。

 

ダイエットなどで食事制限をすることでも吹き出物の炎症を強めてしまいます。

 

代謝に大切なビタミンを食事から意図的に摂取することも大切です。

 

最後ぐっすり眠ることで肌のターンオーバーが整っていきますので、いち早くニキビ跡が消えていきます。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら