女性ホルモンの分泌異常によるシミの改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

女性ホルモンの分泌異常

シミができる原因として女性ホルモンの分泌異常が挙げられます。

 

女性ホルモンにはメラニン色素の増殖を司るものがあり、自律神経の乱れなどで女性ホルモンのバランスが乱れてしまうとメラノサイト(色素細胞・メラニン細胞)が増殖しやすい状態になり、シミができやすい肌に傾いてしまいます。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)がメラニン色素の増殖を司っています。

 

 

 

加齢・更年期世代の女性だけではなく妊娠中の女性やピル(経口避妊薬)を服用している女性でも容易にシミができやすくなってしまいます。

 

ホルモンバランスを整えることでシミができにくい体を作ることができます。

 

規則ただしい食生活を実践すること、大豆イソフラボンやザクロなどというような女性ホルモンに近い成分をもつ食材を食事もしくはサプリメントなどで接種するように心がけることも大切です。

 

更年期障害などで肌バランスだけではなく心身ともに辛い毎日を送っている場合は、婦人科や更年期外来・女性外来などで女性ホルモン製剤等を処方してもらい服用することも大切です。

 

 

 

シミ予防等を謳った美白コスメで肌の調子を整えることや、プラセンタ含有のサプリメントを補助的に使用することだけでも効果があると言われています。

 

また女性ホルモンの乱れは年齢的なもの・妊娠・ピルの服用だけではなく、ストレスにも大きく左右されてしまいます。

 

毎日を穏やかに過ごすことや軽く運動を行うこと、楽しむことができる何かを見つけることなどでも肌バランスを調子よく保つことができますよ。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら