2.目からの紫外線に注意!目から浴びてもシミができる?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線対策は肌だけでは不十分

今は、オゾン層の破壊によって紫外線対策は1年中行わなくてはいけません。
そのため、年間を通して日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘などで対策を行っている方も多いでしょう。

 

もちろん肌に紫外線が当たらないようにするのはとても重要なことですし、肌に吸収されるのをカットすることも必須です。

 

ですが、紫外線というのは肌から吸収されるだけではなく、目からも吸収されてしまうのです。

 

目が紫外線を浴びると、細胞や水晶体などがダメージを受けるために、充血したり痛みがおきたり、ひどいものになると白内障などが引き起こされます。

 

さらに目から入った紫外線は角膜に炎症を起こすということも分かっています。
この炎症によって、脳下垂体が防衛反応を起こすため、メラノサイトがメラニンを大量に生成し、これが肌のシミの原因になることもあるのです。

 

目から入る紫外線を防ぐには

当たり前ですが、目には日焼け止めを塗ることは出来ません。
また、帽子や日傘を使っていても、光のダメージというのは目に届いてしまうため、目に入る紫外線をカットすることは難しいでしょう。

 

目から入る紫外線を防ぐには、サングラスやメガネを使うのが一番効果的です。

 

サングラスは日差しをブロックしてくれますし、UVカット効果があればさらにしっかりと紫外線から目を守れます。

 

透明なメガネでも、UVカット機能があるレンズを使っていれば紫外線対策が出来ます。

 

美白化粧品を使ってもシミが出来る、治らないという場合は、目から入る紫外線が原因かもしれないので、きちんと目も紫外線対策を行ってください。

 

 

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら