紫外線対策



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら



紫外線対策記事一覧

夏が近づくと、気になるのが紫外線ですね。ドラッグストアなどでもUVケア商品コーナーができるので、やらなきゃ〜って思うでしょう。ですが、UVケアを始めるのに適した時期っていつなのでしょうか。実は紫外線が多くなり始める時期は、5月なのです。紫外線=夏の暑い時期というイメージがありますが、実際にはもっと早い時期なのですよ。暑い夏を迎えてから慌て...
詳細を見る
紫外線を防ぐ方法はいろいろありますが、今回は服装についてお伝えします。多くの人は、露出している部分だけに日焼け対策をしています。洋服を着ていれば大丈夫だと思っていませんか?実は、洋服の生地や色によって、日焼けをしてしまうことがあります。絶対に焼きたくないなら、服装の色や素材にも気をつけたいです。紫外線を防ぐ洋服の生地や色は?夏の服というと...
詳細を見る
天気が悪い日に外出したらいきなり天気が良くなり、日焼けしてしまった、そんな経験はありませんか?UVケアを毎日しているつもりでも、ちょっとした油断で日焼けしてしまうことはだれにでもあります。日焼けをしないことがUVケアの大前提ですが、日焼けをしてしまったらもうおしまい!なんていうこともありません。うっかり日焼けをしてしまったら、それに適した...
詳細を見る
プールや海で日焼けをしない2つの方法。あたりまえだけど間違っていませんか?知らなかったでは済まない。絶対焼かないための日焼け止め活用法おしゃれで選ぶと大変なことに!ラッシュガードの選び方寝る前の美白ケアを忘れずに!プールや海へ行くなら、日焼け止めやラッシュガードは当たり前!でも、使い方間違っていませんか?せっかく紫外線対策をしているのにム...
詳細を見る
紫外線は肌によくないということはわかっていても、具体的にどんな影響があるのか知っておくと安心です。その1つに、日焼けが上げられます。こんがり焼けた肌は非常に健康的なイメージを受けますが、実は、シミやしわ、肌のゴワツキなどの原因になっているのです。紫外線を浴びて、肌が赤くなるのは、炎症が起こっている証拠ですし、肌の表面が傷ついています。また...
詳細を見る
紫外線を食べ物で予防するって、そんなことできるんですか?と聞かれることがありますが、できないことはありません。日焼け止めなどは、紫外線が体内に入る事を防ぐものですが、体の中に入ってしまった紫外線によって、発生してしまった活性酸素に効果がある食べ物を摂取することも有効なのです。たとえば、βカロチンは、活性酸素の働きを抑えてくれますし、ビタミ...
詳細を見る
4月〜5月にかけて、紫外線の量は一気に増して、美白に対する意識が高まってきます。6月の梅雨の時期になると、曇っているから…雨が降っているから…紫外線量が少ないんじゃないかと油断してしまうことってありませんか?実際、紫外線量が具体的に分からないと、ついついUVケアをさぼりがちになってしまうことはあるかと思います。そこで紫外線量が分かる様々な...
詳細を見る
アロマの効能とは?この質問に、おそらく多くの方がリラックス効果と答えるのではないでしょうか。そんなアロマには、実は美白効果を期待できる香りというのが存在するのです。その香りとは、ラベンダー、ローズ、ローズヒップオイル、レモン、ゼラニウムなど。なぜ美白にも効果があるのかというと、実はアロマオイルには、ストレスの軽減や気分のリフレッシュ以外に...
詳細を見る
紫外線対策は常に万全にしなくてはいけないの?紫外線対策というのは、太陽が出ている時間は常に行う必要があります。ですが、日焼け止めの種類によっては肌に負担をかけてしまうものもあるので、紫外線の量に合わせて対策を行っていくのが理想的です。例えば曇った日でも紫外線は降り注いでいますが、こういった天気の時は晴天の日よりも当然紫外線は弱いです。日焼...
詳細を見る
帽子でUVケアカットできる?紫外線というのは、基本的に上からいろんな角度で降り注いでくるので、帽子はUVケアのアイテムとしては欠かせません。最近は、UVカット効果を搭載した機能性の高い帽子も発売されていますから、こういった帽子をかぶっていると安心です。もちろん普通の帽子でも、何もかぶらないよりはUVカットできるので、紫外線が強くなる朝9時...
詳細を見る
紫外線の浴び方紫外線の量や強さの目安となる紫外線指数は、天気予報などでチェックすることができるので、朝のニュースなどで確認するのが一般的です。ですが、これはあくまでも指数であって、正確にはどれぐらいの量が降り注いでいるかというのは場所や環境によって変わってきます。例えば、冬は紫外線量が少ないのですが、雪が降ったところの場合は紫外線をたくさ...
詳細を見る