紫外線が一番強い時間帯は?外出するときは要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線対策は常に万全にしなくてはいけないの?

紫外線対策というのは、太陽が出ている時間は常に行う必要があります。

 

ですが、日焼け止めの種類によっては肌に負担をかけてしまうものもあるので、紫外線の量に合わせて対策を行っていくのが理想的です。

 

例えば曇った日でも紫外線は降り注いでいますが、こういった天気の時は晴天の日よりも当然紫外線は弱いです。

 

日焼け止めはSPF値が高いものほど肌への負担が大きいため、曇りの日と晴天の日と同じUVカットをしていたら、肌トラブルが引き起こされてしまうこともあります。

 

ですので、お天気の状態によって紫外線対策を行うようにすることが、肌への負担を減らす方法になるのですが、もう一つ、紫外線が強い時間帯というのもあります。

 

つまり、天気と紫外線の強い時間帯というのを考慮しながら、UVケアをするというのが一番効率の良い紫外線対策と言えるのですね。

 

紫外線が一番強い時間帯は?

紫外線量が増え始めるのは、暖かくなり始める3月ごろからと言われています。
そして、完全に冬になる手前の10月ぐらいまでが紫外線に気をつけなくてはいけない季節になります。

 

この季節を通してもっとも紫外線が強くなるのが、午前10時から午後2時にかけてとなっています。

 

1日に降り注ぐ紫外線量の半分以上の量が、この時間帯に降り注ぐと言われているぐらいですから、10時から2時までの時間はもっとも注意が必要です。

 

家の中でも日差しが入るのであれば紫外線を浴びますし、特に外出するときはたくさん浴びることになるため要注意ですから、しっかりと紫外線対策を行うようにしてください。



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら