紫外線を通さない色や生地はなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線を防ぐ方法

紫外線を防ぐ方法はいろいろありますが、今回は服装についてお伝えします。

 

多くの人は、露出している部分だけに日焼け対策をしています。

 

洋服を着ていれば大丈夫だと思っていませんか?

 

実は、洋服の生地や色によって、日焼けをしてしまうことがあります

 

絶対に焼きたくないなら、服装の色や素材にも気をつけたいです。

 

 

紫外線を防ぐ洋服の生地や色は?

紫外線,防ぐ,色,生地

夏の服というと、どちらかといえば薄くて軽い生地を選びますよね。

 

しかもさわやかな色を選ぶことが多いのではありませんか?
ですが、意外や意外、紫外線を通さない服の色は黒なのです。

 

しかも生地は厚く、目の詰まった織り方をしている物が、紫外線をかなりカットしてくれるというのですから驚きですね。

 

最近では生地にUVカットが施されているものも多いですが、これも色や生地の厚さ、織り方がポイントになります。

 

できるだけこの3拍子揃ったものが、紫外線からお肌を守ってくれますから、洋服を選ぶときの基準とするといいですよ。

 

でも、夏に黒ってあまり合わないですよね?
しかも、黒だと太陽光を吸収するのですごく暑くなるし・・・。

 

そんな方は、UV加工されている洋服を選ぶようにしましょう。
ピンクやオレンジもいいですし、オフホワイトも、UV加工や目の細かい織り方がされていれば、紫外線カット率は高くなります。

 

UV加工していない黒よりも、UV加工してある白のほうが紫外線を防ぐと言われているので、色よりもUV加工の有無が大事のようです。

 

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら