紫外線を予防する食べ物

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線を予防する食べ物

紫外線を食べ物で予防するって、そんなことできるんですか?と聞かれることがありますが、できないことはありません。
日焼け止めなどは、紫外線が体内に入る事を防ぐものですが、体の中に入ってしまった紫外線によって、発生してしまった活性酸素に効果がある食べ物を摂取することも有効なのです。

 

たとえば、βカロチンは、活性酸素の働きを抑えてくれますし、ビタミンCは、コラーゲンの生成を促す働きがあります。

 

βカロチンは、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜や焼き海苔に多く含まれていますし、ビタミンCはブロッコリーやカリフラワー、イチゴなどに含まれていますね。

 

また、ネギや卵、蜂蜜などに含まれているアミノ酸は、できてしまったメラニンを減らすことができます。

 

こうした食品をバランスよく配合したメニューを考えることがポイントです。

 

 

紫外線を予防する食べ物を効率よく摂取するには

紫外線を予防する食べ物はたくさんありますが、偏って摂取してもあまり意味はありません。

 

紫外線対策として効果がある栄養素として、先ほどお話しなかったものにビタミンEがあります。

 

ビタミンEは、それ単体でも紫外線対策にはなりますが、ビタミンCと組み合わせると、効果が倍増します。

 

また、ビタミンは熱に弱いので、食事メニュとして加えるときにはできるだけ生のままがおすすめ。

 

サラダにして食べるのが基本かもしれませんね。

 

βカロチンが多く含まれている焼き海苔は、油と組み合わせると効果がさらにアップするので、ごま油で味付けされている韓国のりは、紫外線対策にはもってこいともいえるでしょう。

 

いろいろな食材を組み合わせて効率的に紫外線対策を行いましょう。




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら