うっかり日焼のアフターケア

このエントリーをはてなブックマークに追加  

うっかり日焼けしてしまったら・・・おすすめの対処法

天気が悪い日に外出したらいきなり天気が良くなり、日焼けしてしまった、そんな経験はありませんか?
UVケアを毎日しているつもりでも、ちょっとした油断で日焼けしてしまうことはだれにでもあります。

 

日焼けをしないことがUVケアの大前提ですが、日焼けをしてしまったらもうおしまい!なんていうこともありません。

 

うっかり日焼けをしてしまったら、それに適した美白ケアを行えばいいのです。

 

 

まず、肌が火照っている場合には、その部分を冷やします。

 

ヒリヒリするところには冷たいタオルなどで、できるだけ早く冷やすことが大切です。

 

また、ほてりを鎮める専用の化粧品を使うこともポイント。

 

とにかく日焼けをしたままの状態にしておかないことが大切なんです。

 

冷やした跡は、シミ予防の美白ケアをしましょう。

 

 

ターンオーバーと日焼けの関係

ところで、子供の時には、炎天下の中で遊び日に焼けても、しみになることはありませんでしたね。

 

日焼けを気にする必要も無ければ、UVケアもしていませんでしたよね。

 

なぜ子どもはシミが出来ないのでしょうか?

 

それは、日焼けのダメージを、ターンオーバーが回復させているからです。

 

子供の場合、常に成長ホルモンが分泌されていますから、肌の生まれ変わりも活発です。

 

年を重ねると、このターンオーバーがうまくいかなくなるので、日焼けのダメージも大きく、シミやしわの原因となるのです。

 

日に焼けない工夫も大切ですが、ターンオーバーを促すことも、日焼けしてしまったときの対処法の1つといえるでしょう。

 

 

→ターンオーバーを促す方法




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら