海やプールでの日焼け対策

このエントリーをはてなブックマークに追加  

絶対に焼きたくない人のためのプールや海で日焼けしない方法

プールや海で日焼けをしない2つの方法。あたりまえだけど間違っていませんか?

  1. 知らなかったでは済まない。絶対焼かないための日焼け止め活用法
  2. おしゃれで選ぶと大変なことに!ラッシュガードの選び方
  3. 寝る前の美白ケアを忘れずに!

海やプールでの日焼け対策

プールや海へ行くなら、日焼け止めやラッシュガードは当たり前!

 

でも、使い方間違っていませんか?

 

せっかく紫外線対策をしているのにムダになっていることもあるので要注意ですよ。

 

知らなかったでは済まない。絶対焼かないための日焼け止め活用法

 

当たり前ですが、焼きたくないなら日焼け止めは必須です!

 

しかし、種類もたくさんあってどの日焼け止めが良いのかわからない!
という方も多いと思いますので「日焼け止めの選び方」と「焼かないための塗り方」
お伝えしますね。

 

間違ってる?日焼け止めの塗り方

海やプールでの日焼け対策

海やプールに行くならSPF・PA値が高くウォータープルーフの日焼け止めは当たり前ですよね。
でも、ウォータープルーフの日焼け止めでも
こまめに塗り直さないと焼けてしまいます

 

「そんなのあたりまえ!2〜3時間おきに塗りなおしてます」
というあなた・・・。ヤバイかも。

 

日焼け止めには耐水時間というのがあって、耐水テストをした結果が裏面に書かれています。
(書いていないのは耐水テトをしていないから)

 

資生堂アネッサはウォータープルーフですが、耐水テストは80分です。

 

ということは、水に濡れた状態で1時間20分で日焼け止めが落ちてしまうということ!

 

2〜3時間置きに塗りなおしていては遅いということです。

 

絶対にやきたくないなら1時間置きに塗り直さないといけませんね。

 

 

絶対焼かないための日焼け止めの塗り方

 

1時間毎に塗り直すとなると、結構な量が必要になりますね。
ケチ症な私としては少量ずつこまめに塗っていればいいかな・・・。と思っていたのですがコレも間違い。

 

日焼け止めは薄く塗ればそれだけ落ちやすくなるし、効果も半減。
結構多めの量をむらなく塗るのがポイントです。
白くなるのを嫌がって必要以上に伸ばさないようにしましょう。

 

また、塗り残しがないようにチェックしましょう
首筋や耳の後ろ、腕や足の裏側、手足の甲、足の指先などは忘れやすいです。

 

 

おしゃれで選ぶと大変なことに!ラッシュガードの選び方

ラッシュガードさえ着ていれば日焼けヨボになるだろう・・・。
と軽く考えていては、帰って来て公開することになりかねません!

 

紫外線を通さない色って何色か知っていますか?

 

 

 

答えはです。

 

これは、普通の洋服にも言えるのですが、白よりも黒のほうが紫外線を通しません。
以前、私は白が可愛いからといって白いラッシュガードで海に行ったのですが、帰って来たら体が真っ赤っ赤に・・・。
翌年は、ショップの人に聴いて紺のラッシュガードにしたら見事に焼けていませんでした。

 

ここまで違うのか・・・。と驚きましたよ。

 

あと、笑い話ですが、白と紺のシマシマ柄のラッシュガードを着て行ったら見事にシマウマ状態になったこともあります(笑)

 

それだけ、色によって違うのでおしゃれだからといって、淡い色を選んでしまうと焼けちゃうかもしれませんよ。

 

 

余談
ラッシュガードって寒さ対策と思っていませんか?

 

私はずっとそう思っていたのですが、実は濡れたラッシュガードって体温を奪うんです。

 

ショップの人に「雨に濡れた洋服を着ていれば寒くなってくるよね?」って言われて納得しました。

 

 

日焼け止めサプリを飲もう

 

去年から話題の日焼け止めサプリ。

 

 

飲むだけで、UVケアガできるというウソのような商品ですが、これが効果絶大です♪

 

 

海ヤプールに行く1週間くらい前から飲み始めれば、紫外線に強い肌になってくれます。

 

さらに、日焼けをしてしまっても、肌の再生をサポートしてくれるので、被害は最小限に抑えられるんですよ。

 

 

去年からブームになっていて、今年はとにかくたくさんの商品が出てきています。
中には、効果のないものもあるので注意が必要です。

 

どうやって選ぶの?
どれがいいの?

 

という方は下記を参考にしてください。

 

→売れている日焼け止めサプリはコレ!効果絶大のサプリBest3

 

 

まとめ

絶対に焼きたくないなら、濃い色のラッシュガードを着て
高数値のウォータープルーフ日焼け止めを1時間毎も塗り直すこと
です。

 

肌への負担が心配な方は敏感肌用のものや、少し数値が低いものでも
塗り直すのを忘れなければ効果はしっかりありますのでご安心を。

 

しかし、海やプールに長時間いて完璧に焼かないというのは無理があります。

 

なので、アフターケアもしっかりすることをおすすめします。

 

プールや海に行った後のスキンケアは

海やプールでの日焼け対策

プールや海で楽しい時間をすごしたあとは、スキンケアをしっかりしておく必要があります。

 

ウオータープルーフの日焼け止めは、紫外線から肌を守ってくれる味方ですが、水で流れないということは、そのまま肌に留まっている可能性が高くなります。

 

そこで、お肌のお手入れをする前に、日焼け止めをしっかりと洗い流しておきます。

 

普段、オイルタイプのクレンジングを使っているならそれを使えばOKです。
ミルクタイプなどの洗浄力の弱いものだと、落としきれない場合があるので注意してくださいね。

 

日焼け止めを使っていても、海やプールではふだんよりも紫外線を多く浴びているはずですから、肌が乾燥しています。

 

ですから、ローションやクリームなどを使ってきちんと保湿をします。

 

自分が思っているよりも、肌への負担は大きいですから、海やプールで遊んだあとは、肌をゆっくり休ませてあげることが重要ですね。

 

また、長い時間紫外線を浴びているので顔のシミなどの心配もあると思います。
シミは忘れた頃にやってきますからね。隠れジミには要注意です。

 

シミ予防はこのサイトでも扱っている美白化粧品を使えば大丈夫です。

 

→美白化粧品ランキング

 

 

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら