シミができてしまったときの対策法

シミができてしまったときの対策法

鏡を見たらうっすらとシミが浮いていることに気がついたという方も多いのではないでしょうか。

 

年齢を感じたり、心が折れてしまったなど気持ちが沈んでしまいがちです。

 

できてしまったシミの解消法もありますので、落ち込む前にまずは対策を始めましょう。

 

一番おすすめしたいのは、ビタミンC、B、Eを意図的に摂取すること。

 

これらの栄養素は代謝に関わる栄養素です。

 

食事から摂取が難しい場合はマルチビタミン等を摂取しましょう。

 

 

 

またシミを濃くする前に活性酸素を取り除く働きがある抗酸化物質(ポリフェノール)のサプリメントなどもおすすめです。

 

できるだけ化粧品・コスメの力も借りることも必要です。

 

ビタミンC誘導体が配合された美白化粧品を使いましょう。

 

シミが気になる部分にスポット的に塗りこめる美容クリームなどを併用しましょう。

 

できてしまったシミを薄くする成分・ハイドロキノン配合の化粧品を使うこともおすすめです。

 

お肌の漂白剤とも称されているハイドロキノンはできてしまったシミを少しずつ薄くする働きがあります。

 

化粧水や美容クリームにハイドロキノンが配合されているものを選ぶことで、できてしまったシミをなかったことにできることでしょう。

 

 

 

ハイドロキノンという成分は肌に合う・合わないなどが懸念されますので是非事前にトライアルセットを購入して肌とのフィーリングを確認されるとよいでしょう。

 

クレイ成分が配合された洗顔料で優しく洗顔すること、丁寧な保湿を行うことで肌のターンオーバーが高まりますので、シミも薄くなっていきます。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら



シミができてしまったときの対策法記事一覧

できてしまったシミや濃くなってしまったシミはレーザーで除去できます。美容外科などで医療用レーザーをシミに照射する施術を行います。シミのある皮膚細胞を一旦死滅させ、新しい皮膚を再生させていく仕組みです。シミはキレイになくなりますが、施術費用が高額であることがデメリットとなるようです。またレーザーを照射した部位が傷を負ってしまい治りにくくなっ...
詳細を見る
皮膚科でシミに関して相談をすると飲み薬や塗り薬を処方してもらえます。その薬で本当にシミが消えるのでしょうか?シミをなるべく早く消したいのであれば薬よりもレーザー治療が効果的です。ただ、レーザー治療は火傷などのリスクがありますし、治療を受けた跡はかさぶたのようになって目立ってしまいます。じっくり時間をかかけて治療するなら塗り薬や飲み薬を使う...
詳細を見る
エステでシミを取りたいという方もいらっしゃいます。エステでできることには限界があり、古くなった角質を取り去ること、光美容(フォトフェイシャル)でシミの濃い部分にキセノンライト等を照射して肌の新陳代謝を促すことまでしかできません。美容外科等のようにシミを根本から取り去るというお手入れができないので一長一短だと言えるでしょう。エステの分野でお...
詳細を見る
このところ美容家電のカテゴリで美顔器が多くを占めています。美顔器には様々な種類がありますが、シミ対策にはスチーム美顔器と超音波美顔器がおすすめです。スチーム美顔器はナノ化された水分子とイオンが肌の奥に届きますので、肌の保水力を上げたいという方や、古くなった角質や汚れを浮かせてターンオーバーを促したいという方に効果を発揮してくれます。この美...
詳細を見る
美白化粧品はシミ対策の最前線だと考えて差し支えないでしょう。美白化粧品には新しいシミを作らせない予防型成分が含まれているものと、すでにできてしまったシミを優しく取り去っていく対策成分が含まれた2つのタイプの化粧品があります。主流になっているのは、成分がメラノサイト(色素細胞)に事前に作用し新しいメラニン色素を作らせないというシミ予防型の美...
詳細を見る
イボコロリとはサリチル酸を主成分とした医薬品で主に、角質化したイボを治療するものです。液体タイプのものを患部に塗るだけでサリチル酸が皮膚の角質を軟化させ新しい皮膚を作り出すためのお膳立をしてくれます。液状タイプの他パッチタイプなど様々な商品が販売されています。このところ都市伝説でイボコロリを塗るとシミが消える、ニキビが治るといううわさが流...
詳細を見る