美白化粧品でシミ取り!メリットデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加  

美白化粧品

美白化粧品はシミ対策の最前線だと考えて差し支えないでしょう。

 

美白化粧品には新しいシミを作らせない予防型成分が含まれているものと、すでにできてしまったシミを優しく取り去っていく対策成分が含まれた2つのタイプの化粧品があります。

 

主流になっているのは、成分がメラノサイト(色素細胞)に事前に作用し新しいメラニン色素を作らせないというシミ予防型の美白化粧品です。

 

20代からの美白予防として宣伝する商品も多くあります。

 

 

 

次にあげられるのは、できてしまったシミをなかったことにする対策型の美白化粧品です。

 

シミを漂白する成分が直接シミに作用し徐々に肌を白くしてくれます。

 

年齢肌のくすみにも対応していますので40代以降のシミの存在にコンプレックスを抱いている方におすすめです。

 

ただし美白化粧品はすべてのシミを取り去ることができません。

 

新しいシミを作らない予防はできますが美白化粧品だけではなく、日焼け止めクリームを塗ったりUV対応の衣服で身を包んだりなど万全の態勢で臨む必要があります。

 

 

 

またできてしまったシミの中で「肝斑(かんぱん)」は美白化粧品だけでは対応しきれない事も。

 

肝斑改善薬等の内服薬と併用してシミを薄くしていくことが求められます。

 

またシミの原因として活性酸素が挙げられます。

 

体の内側からシミを作る「錆」をなくすために、抗酸化物質が含まれたサプリメント等を併用して摂取していくことで美白化粧品の効果が高まっていきます。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら