シミ 皮膚科の薬

このエントリーをはてなブックマークに追加  

皮膚科の薬はシミに効果あるの?

シミは皮膚科に行くべき?飲み薬や塗り薬のメリット・デメリット

皮膚科でシミに関して相談をすると飲み薬や塗り薬を処方してもらえます。

 

その薬で本当にシミが消えるのでしょうか?

 

シミをなるべく早く消したいのであれば薬よりもレーザー治療が効果的です。
ただ、レーザー治療は火傷などのリスクがありますし、治療を受けた跡はかさぶたのようになって目立ってしまいます。

 

じっくり時間をかかけて治療するなら塗り薬や飲み薬を使うのはとても有効だといえるでしょう。

 

 

塗り薬はハイドロキノンが効果が高いけど・・・

シミの治療でよく使われる塗り薬にハイドロキノンクリームがあります。

 

ハイドロキノンは化粧品にも使われていますが、濃度の規制があるので、医薬品のほうが高濃度に配合されています。

 

ただ、ハイドロキノンは効果が高い代わりに取り扱いが非常に難しいというデメリットも有ります。

 

ハイドロキノンの薬は基本は冷蔵庫での保存が必要です。
また、紫外線に反応してしまうので、日中の使用は厳禁です。

 

夜寝る前に塗って、朝しっかりと落とす必要があります。

 

多分、処方されるときにお医者さんから注意事項として説明をうけると思いますのでしっかりと聞いておきましょう。

 

軽い気持ちで扱ってしまうと、塗った部分が白く斑になってしまう白斑ができたり、逆にシミが増えてしまったりなどの副作用があるので気をつけてください。

 

 

飲み薬も増えてきています

シミは皮膚科に行くべき?飲み薬や塗り薬のメリット・デメリット

最近は、シミ用の飲み薬の多く出てきています。
テレビCMでもやっていて、ドラッグストアにも売られているので知っている人も増えてきていると思います。

 

一言で「シミ」と言っても、紫外線によるシミから、女性ホルモンが影響する肝斑、ニキビ跡、そばかすなど様々な種類のシミがあります。

 

シミやニキビ跡は、ターンオーバーを促してあげることにより薄くなったり消えたりします。
しかし、肝斑は普通のシミとは違いますのでシミと同じ治療をしていても効果は見込めないでしょう。

 

先ほど紹介したハイドロキノンはシミと肝斑の両方に効果が見込めます。

 

肝斑の飲み薬で有名なのはトランシーノです。

 

シミの飲み薬はいろいろ出ていますので、ドラッグストアに行った時に聞いて見るといいでしょう。

 

 

スキンケアも大事です

シミは皮膚科に行くべき?飲み薬や塗り薬のメリット・デメリット

シミを消すために薬を活用することはとても大切なことだと思います。

 

しかし、薬だけだとたとえシミが消えたとしても、お肌がボロボロなら全く意味がなくなってしまいますね。

 

ハイドロキノンクリームなどは肌荒れや乾燥を起こしやすいと言われているので、しっかりと保湿ケアをしましょうね。

 

また、できてしまったシミだけに対応していても肌の中にはシミ予備軍がたくさん潜んでいます。

 

美白化粧品を使ったり、肌のターンオーバーを促したりする毎日のケアが白く透き通る肌を作っていくので毎日のスキンケアもしっかりと行いましょう。

 




少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら