イボコロリでシミが消えるって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

イボコロリでシミが消えるって本当?

イボコロリとはサリチル酸を主成分とした医薬品で主に、角質化したイボを治療するものです。

 

液体タイプのものを患部に塗るだけでサリチル酸が皮膚の角質を軟化させ新しい皮膚を作り出すためのお膳立をしてくれます。

 

液状タイプの他パッチタイプなど様々な商品が販売されています。

 

このところ都市伝説でイボコロリを塗るとシミが消える、ニキビが治るといううわさが流れています。

 

 

 

イボコロリの用法をみると魚の目・タコ・イボの治療に効能があります。

 

主成分であるサリチル酸そのものの作用を調べると、白癬菌を抑える働きや、皮膚の角質を柔らかくする効能があります。

 

これに照らし合わせると、シミの部分にイボコロリを塗ることはNGであると考えて良いでしょう。

 

実はサリチル酸はケミカルピーリングにも使用されている成分ですのでイボコロリをシミ対策に使用する考えもアリかもしれませんが、美容外科で使用される濃度と全く異なることも考えられますので避けた方が無難でしょう。

 

イボコロリの取り扱い書をみると、顔に塗ることは禁忌とされていますので、思わぬ副作用を避けるためにシミに用いることは避けましょう。

 

 

 

もしサリチル酸を用いて美白・ニキビ肌治療をしたいという方は、美容外科でケミカルピーリングをお手入れをされることをおすすめします。

 

美白効果を狙ってイボコロリを使用したいという場合は「ヨクイニンエキス」製剤の内服タイプの商品をおすすめします。

 

ヨクイニンは美白効果も狙えますのでシミを薄くしたい方にはおすすめです。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら