シミのレーザー治療のメリットデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加  

レーザー治療

できてしまったシミや濃くなってしまったシミはレーザーで除去できます。

 

美容外科などで医療用レーザーをシミに照射する施術を行います。

 

シミのある皮膚細胞を一旦死滅させ、新しい皮膚を再生させていく仕組みです。

 

シミはキレイになくなりますが、施術費用が高額であることがデメリットとなるようです。

 

 

 

またレーザーを照射した部位が傷を負ってしまい治りにくくなった、新しい皮膚が再生されたのはいいけれど皮膚の色が周りの皮膚となじまなくて困ったということもあるようです。

 

レーザー治療の際は痛みも伴います。

 

大半の場合局所麻酔クリームなどの利用で施術中は痛みもありませんが、麻酔が切れた後に灼熱感等を伴うことがあります。

 

後遺症なども予想されますので、レーザー治療でシミ除去を考えている場合は、信頼できる医師に頼ること、施術例が多い美容外科・美容皮膚科を選ぶこと、口コミ等を参考にすることが大切です。

 

 

 

レーザー治療を受けた方の中には「シミが濃くなった」「なかなかシミが消えない」と効果に不満を持たれる方もいます。

 

もしかしたらそのシミは老人性のシミなどではなく、肝斑(かんぱん)かもしれません。

 

肝斑をレーザー治療で消すのは得策ではなく医薬品の投薬や肌を漂白できる商品で消す方法が支持されています。

 

このように、シミか肝斑かをしっかり見極めてくれる医師のもとで治療を受けることが最善です。

 

事前カウンセリングを丁寧に行ってくれる美容外科や皮膚科にカウンセリング予約を入れてみましょう。

 



少しでもお役に立てたら「いいね」してくださいね。小躍りして喜びますヾ(*´∀`*)ノ このエントリーをはてなブックマークに追加  

注目コンテンツ

美白化粧品ランキング

失敗しない選び方

人気美白化粧品徹底比較

女王が選ぶ人気美白化粧品はコレだ!

効果のある化粧品を選ぶ3つのポイント!

見れば違いがわかる比較表はこちら